夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ( Page 41 )

ブログ

blog

救命丸の正しい作り方

小さな小さな粒の宇津救命丸。 この銀色に輝く、直径2ミリの真ん丸な宇津救命丸 はどうやって作られるのでしょうか? 今回は特別にお教えしましょう。

家庭薬の会合

きのうの午後は、東京の家庭薬組合の理事会 があり、私も理事なので参加してきました。 場所は築地にある東京家庭薬ビル。 古いビルで、いまどき手で閉めるエレベーター […]

薬の神様

http://gojyoutj.hp.infoseek.co.jp/

人間ドック

先日、家内と人間ドックに行ってきました。 50才を過ぎるといろいろな病気の心配が あるので、年に一度の人間ドックは欠かせ ません。

笑顔は我が家の健康法

古いことわざに「笑うかどには福来る」という のがあります。最近は笑いが健康の元である という説が注目され、本も出版されています。 我家がみんな健康なのは、いつも […]

薬の飲み方

薬の種類は沢山あり、服用方法もいろいろ ありますが、時々勘違いや間違った服用を される方がいらっしゃるようです。

夜泣き対策、その決め手は・・・

赤ちゃんの夜泣きは、子育てするお母さん にとって避けて通れない頭の痛い問題です。 「夜泣き封じ」の神様があるぐらい昔から 深刻な問題だったようですが、いまはお母 […]

そばの迷店

前回、そばの話を書いていたらそばが食べた くなり、まつやさんにいってざるそばを食べて きました。美味しかったです。 で、今回はそばの迷店の話です。

そばの名店

ほとんどの日本人はそば好きだと思います。 お昼に時間をかけない(かけれない)忙しい 日本人にとって、手早く食べれるそばは最適.。 また、食欲のない時、小腹が空い […]

お腹の赤ちゃんの健康も大切でした。

当社は創業以来、ずっと産まれてからの 赤ちゃんとお子様の健康だけを考えてき ました。 時代が変わって最近は、胎児の頃からの 栄養も大切と言うことが言われるように […]

嘘はどこまで許される?

いま、テレビのやらせ番組が問題になって います。 やらせというほどではありませんが、私も テレビの内容と実際が違う場面に何度か 遭遇しました。

薬の副作用

昨日、インフルエンザの薬を飲んだ中学生 が、マンションから飛び降りて亡くなるという 大変痛ましい事故がありました。 製薬会社の一員として、また薬剤師としても 見 […]

なんでなる花粉症

今年は暖冬のせいで例年より花粉の飛散 が早いようで、そろそろ症状の出てきている 方もいらっしゃるようです。 そういう私も花粉症なのですが・・・

スモークの魅力

私は特にグルメというわけではありませんが、 時々家で燻製を作ります。 手間はかかりますが、売っている物とは一味 違い、その味はくせになります。

お母さんのストレス

最近、新聞やニュースを見ていると、乳幼児の 虐待や痛ましい事件などの記事が頻繁に出て います。 そんな記事を見るたびに胸が痛くなるのですが、 どうして大変な思い […]

救命丸と救心

人間誰でも勘違いというのがあります。 時々当社の製品を、心臓薬の救心と勘違い されている方がいらっしゃいます。 成分も粒も似てなくはないですが、「救」という 一 […]

連休の過ごし方

今度の連休は、犬たちを連れて家内と田舎で 過ごしました。何もない所ですが、最近は連休の たびに行くのが楽しみになっています。

スキー 昔と今

私が初めてスキーをしたのが高校時代。 以来40年、スキー事情もかなり変ってきました。 私の滑りは相変わらず上達しませんが、最近感じる のは、昔に比べてなんと便利 […]

「夜泣き」は「かんむし(かんのむし・かん虫)」?

赤ちゃんの夜泣きに悩まされているお母さんはとっても 多く、「夜泣き」という言葉もポピュラーになっています。 [夜泣き]と同じように、昔からある赤ちゃんの症状に […]

こどもかぜシロップ誕生物語

現在、薬局やドラックストアーの店頭には、いろいろな メーカーのカラフルな小児用かぜシロップが並んでい ます。でも19年前に当社が発売した時は、数も少なく まだ地 […]