夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » NHKに出演 ブログ再開しました

ブログ

blog

NHKに出演 ブログ再開しました

諸事情でブログを休載していましたが、沢山の方からご心
配を頂き、また惜しむ声も頂きました。そこで、以前のよ
うなペースではなく、少しづつ書いていこうと思います。
よろしければお付き合いください。

 

話は戻り、NHKに出演といってもインタビューで出ただけ
すが。それも栃木版で。

ホームページの「リリース」にも載せましたが、地元高根
沢町の「元気あっぷむら」と共同で入浴剤を開発し、その
記者会見を11月26日のいいふろの日に行いました。
(詳しはリリースをお読みください)

マスコミの取材があるとは聞いてましたが、私が記者会見
をやるとはつゆ知らず。当日のスケジュールに「社長挨拶」
とあってビックリ。聞いてないゾー。
入浴剤の開発は専務が担当していたので、記者会見も専務
がやるのだと思ってました。

当日、朝日、産経、日経などの新聞各紙に加え、NHKが取
材に来ると聞いて驚きました。元気あっぷむらは高根沢町
の公共施設のようなものなので、地元ではニュースバリュー
があるのでしょう。

人前で話す度胸はついてきましたが、テレビやラジオの取
材は話しを編集せずに一発勝負が多いので苦手です。
それに突然質問されるとアドリブがきかなくて・・・

会場は、元気あっぷむらの温泉の脱衣所でした。臨場感が
あります。

マスコミの方が次々に到着し、ほんとにNHKもカメラクルー
を連れて来ました。でも、地元の栃木テレビが来ないのが
不思議。カメラのセッティングも終わり、定時に記者会見
が始まりました。

まず、元気あっぷむらの社長が挨拶し、次に私。
前半はよかったのですが後半少しカミました。元気あっぷ
むらの社長が流暢に話されたので少し差が付いたかなー。

テレビの定番、物撮り。

次に浴場に入り、入浴剤の入った浴槽の周りで取材開始。
誰かが「女性が手を入れて欲しい」と言い出し、一緒にい
た専務の嫁に視線が集まりドギマギ。すると、受付の女性
が来てくれて事なきを得ました。

また脱衣所に戻ると、各紙の記者に囲まれ次々と質問が。
同じようなことを何度も聞かれるので、会場を移して専務
が説明することになりました。その最中でも、席を離れて
わざわざ私に質問に来る記者がいます。少しでも他社と違
う記事を載せたいという記者魂なのでしょうか。

最後に、NHKのインタビューを5分ほど受けました。今度
はよどみなく言えたので一発OK。プロデューサーさんに
「短く編集するのが惜しい」と言われました。??

その夜の、NHKの首都圏ニュースの栃木版にほんとに出ま
した。それも社名もばっちりと。

NHKに企業名が出るのは、事件を起こしたときか、相撲
の懸賞金か野球のバックネットぐらいかと思ってました。
なにしろ、むかし山口百恵がNHKで歌ったとき、歌詞の
「真っ赤なポルシェ」を「真っ赤な車」に換えさせたと
いうぐらいですから。NHKも変わった?

私のインタビューですか?
ディレクターのおっしゃる通り、編集されて10秒でした。
みんなに「見て、見て」と言ったわりに、アッという間
だったという感想がしきり。まあ、10秒とはいえ栃木版
とはいえ、NHKに出たのは事実ですから。

数日後、元気あっぷむらを訪れると、玄関に看板が出てい
ました。このお風呂で沢山の人が癒されたたら嬉しいです。