夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 私の中の「3丁目の夕日」テレビ編  

ブログ

blog

私の中の「3丁目の夕日」テレビ編  

わが家はみんなテレビ大好き家族。家内と意気投合した
のもテレビ番組の話題からでした。
そんなテレビ人間として、これまでのテレビの進化をお伝
えします。


テレビが出始めた頃は、街頭に置いてあるテレビに人だか
りができたり、近所の家にあがりこんで見せてもらうのも普
通でした。わが家にテレビがきたのは私が幼稚園のころで、
もちろん画面は白黒。スイッチを入れてから映るのに30秒
ぐらいかかりました。
放送局の数もまだ少なく、主にNHKを見ていたように思い
ます。確か午後に2時間ぐらい休みがあり、夕方は相撲中
継で始まり、夜は12時ごろで終わりました。24時間放送し
ている今では信じられない話です。
貴重品だったテレビは大切に扱われ、見終わると布のカバー
をかけていました。
まだ実家にある白黒テレビ。布のカバー付き。
残念ながら写りません。
200806281018000%20%20%20%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93.jpg
余談ですが、民放のラジオ・テレビはみな新聞社が母体と
なっており(日本テレビは読売新聞、TBSは毎日新聞等)、
新聞・ラジオが全盛の当時は、新聞社からテレビ局に移動
になるのは左遷と思われていたそうです。
ついでですが、宇津救命丸はこのころからCMを始めてい
たので、知名度は飛躍的に上がりました。
テレビは当時とても高価なため、一家に1台あればいい方。
常に茶の間の中心にあって、家族全員で見ていたのを覚
えています。
こんなことからも、当時は家族のコミニケーションがよくとれ
ていたのではないでしょうか。
しかし、いいことばかりではありません。いろいろな番組が
増えてくると、チャンネル権の争奪が始まります。
当然父が一番の権利を持っていましたが、父が見ていない
時は、何を見るかでよく姉と大喧嘩をしました。
当時チャンネルはダイヤル式で、何度もチャンネルを回して
いるうちにバカになり、軸をつまんで廻すペンチは必需品で
した。
私が小学3~4年のころ、徐々にカラーテレビが増え始めま
したが、我が家にはまだありませんでした。
ある日近所の電気屋さんの前を通ると、いつも私が見てい
るアメリカのテレビ映画がカラーで放送されていてビックリ。
カラーテレビが欲しいと母にねだったのを覚えています。
そのころ、画面に貼り付けると白黒画面がカラーになる(?)
という怪しげなカバーがありました。実際はセピアカラーに
なるだけでしたが・・・
ほかに、画面が大きく見えるレンズのようなカバーや、赤・
透明・青の三色に別れたカバーもあり、かえって見づらい画
面に子供心に意味がわかませんでした。
1964年の東京オリンピックを契機に、急速にカラーテレビが
普及し、わが家もやっとカラーテレビがきました。
そのころから家のテレビも複数台になり、チャンネルの争奪
戦から開放されました。
当時もまだテレビは高級品だったので、立派な木を使い、扉
の付いた家具調テレビが流行りました。
納戸の中から発掘された当時のカラーテレビ
200807051202000%20%20%20%20%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93.jpg