夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 寒~い旅館

ブログ

blog

寒~い旅館

箱根の旅館の割引券をもらい、先週末に家内と行っ
てきました。そこは由緒ある古い建物の旅館でした。


私は旅番組が好きで、ほとんどの番組を録画し、地
区ごとに別けてDVDに保存しています。
その膨大なライブラリーを見直すと、その中に今回の
旅館もありました。大正時代の建物で、天皇が皇太
子の時に訪れたこともあるそうです。
木造の古い建物で大変おもむきがありますが、12
月の箱根じゃちょっと寒そう・・・
箱根は手軽なドライブコースなので、もう何十回も行
きましたが、宇津家のドライブ三か条「歩かず、登らず、
長居せず」のためほとんど観光をせず、いつも早朝に
出かけ昼には家に帰っています。
今回は泊まりということもあってゆっくり探索をし、夕
方に旅館に着きました。
見ると、ほんと~に古い旅館。
数寄屋造りの純和風建築で、大正初期に商家の
別邸として建てられたのを東京から移築したそうで、
部屋は7つしかないのだとか。
200712100930000%20%E7%8E%84%E9%96%A2%E3%81%A7%E3%81%99.jpg
すでに寒くなってきた長い廊下を歩き、部屋へ案内
されました。
床の間つきの和室の障子を開けると、今はめずらし
い回り廊下がグルリと部屋を囲んでいます。当然な
がら、ガラス戸はサッシではありません。
うちの実家の離れも明治時代の創りで、造りが似て
います。
次の間が寝室ということで、ふすまを開けると雪見
障子とコタツがあってなかなかいい感じ・・・ですが、
ガラス戸が無い!夜は雨戸を閉めるとのことです
が、一抹の不安。
%21cid_01%40071215.111755%40_____N903i%40docomo%E9%83%A8%E5%B1%8B
本館には露天風呂が無く、新館にあるそうですが、
遠いので車で行かなくてはならないとのこと。
送迎してくれるのかと思いきや、「私道ですから浴
衣と草履で運転しても大丈夫です」と機先を制せら
れ、すごすごと浴衣に着替えました。
部屋を出ようとすると、部屋の鍵が見つかりません。
扉を見ると、鍵自体が無い!
こんな旅館は初めてでしたが、着物に草履で運転
したのも初めてでした。
最近温泉ブームでどんどん新しい施設ができます
が、無色透明、無味無臭が多く、しかもほとんどが
循環式なので銭湯に入った気分。でも、ここは白濁
したお湯の掛け流しで、久しぶりに温泉らしい温泉
に入りました。
しかし、せっかく温まった身体も、部屋に帰ったころ
には冷え切ってしまいました。
食事は部屋食で、きれいな器と美味しい料理で満
足しました。また、仲居さんの感じもとてもよかった
です。
最近は、部屋に露天風呂の付いた斬新なデザイン
の旅館が増えて人気のようですが、ソフトの面を
老舗と比べると、やっぱり物足りなさがあります。
夕食後に本館のお風呂に行きました。
こじんまりしたお風呂で、ここも白濁した掛け流し。
でも、床も湯船も石造りで、おまけに換気のために
天井の窓が開いていたので寒かったです。
200712100742001%E7%8E%84%E9%96%A2.jpg
夜も更けてくると、暖房はフルに動いているのに
部屋の気温がどんどん下がってきました。
仲居さんが、冬は暖房しても22度以上にならない
と言っていましたが、我々は実家で慣れていると
気にしていませんでした。が・・・
パソコンでブログを書いていましたが、だんだん寒
さに耐えられず、早々に布団に入りました。
暖房をつけっぱしにしましたが、布団に入っても温
まりません。そこで、二人の布団の間にコタツを置
き、足を入れて寝ることにしました。まるで学生時
代に行ったスキー場の民宿のようです。
何とかそれで温まりましたが、問題はトイレ。
寒い廊下にあるので、夜中に行くのは決死の思い
でした。
夜は寒くて大変な思いをしましたが、ガラス戸を安
易にサッシに変えたりせず、昔のままの姿を残そ
うという心意気には感服です。それと、感じのよい
仲居さんのおかげで満足し、また行きたいと思い
ました。でも今度は暖かいときに。
旅館を出てからまた観光し、ゆっくり昼食を食べて
帰路に着きました。
「今回の旅行は80点かな」と話をしていたら、小
田原の手前で旅館にパソコンを忘れたことに気づ
き、あわててUターン。最後に減点になりました。
夕方になって、ようやく旅館に着きました。
見ると、ほんと~に古い旅館。
数寄屋造りの純和風建築で、商家の別邸として
建てられたのを、昭和の初めに東京から移築し、
部屋は7つしかないのだとか。
すでに寒くなってきた長い廊下を歩き、部屋へ案
内されました。
床の間つきの和室の障子を開けると、今はめず
らしい回り廊下がグルリと部屋を囲んでいます。
次の間を開けると、雪見障子とコタツがあってな
かなかいい感じ。が・・・ガラス戸が無い!
夜は雨戸を閉めるとのことですが、一抹の不安。
露天風呂が新館にあるが、遠いので車で行って
くれと言われ、生まれて初めて着物に草履で運
転しました(私道なので問題なし)。
白濁したお湯は掛け流しで、久しぶりに温泉らし
い温泉に入りました。
しかし、せっかく温まった身体も、部屋に着くころ
には冷え切っていました。