夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ »

ブログ

blog

きのう、東京にも雪が降りました。
久しぶりにけっこう降りましたが、積もらずに消え
てしまいました。


そういえばここ数年、都内で雪は積もりません。
昔は12月でも雪が降り、ホワイトクリスマスになった
記憶があります。
私が高校生のころは、かなりの雪が積もって、自宅
のそばの坂でスキーをしたこともありました。
それでもめったに降らない雪なので、大雪が降って
積もると交通は大パニックです。
都内のほとんどの車は、スノータイヤやスタッドレス
を履いていないので、道路は大渋滞。自分だけチェ
ーンを持っていても意味がありません。
以前に、朝小降りだったので車で会社に行ったら、
そのうち大雪になってしまったことがありました。
車を置いて帰ればいいものを、乗って帰ったから大
変なことに。
大通りは交通量が多いのでまだいいのですが、自
宅のそばの路地を入ると、かなり積もっていて、つ
るつる滑って進みません。
家族を呼んで押してもらい、100メートルの距離を何
十分もかけてやっと自宅に着きました。
東京の雪は大して積もりませんが、朝方凍って鏡の
ようになるので、夜のうちに雪かきをしておかないと
厄介です。よく滑って転ぶ姿が、翌朝のニュースで
流れます。
だから雪が小降りになると、近所のお父さんたちが
シャベルを持って雪かきを初めます。このとき、普段
あまり顔を合わせたことのない近所の人と挨拶をす
ることも。
4年前の暮れ、正月を実家で過ごそうと、雪の降る
中を栃木に行きました。かなりの雪が降っていまし
たが、道にはまったく積もっていなく、順調に実家に
着きました。
ところが、だれも通らない門から先は、地面が土と
いうこともあって、20センチぐらいの積雪。
玄関まで20メーターぐらいあるので、車を置いて歩
いていくわけにもいきません。勢いをつけて車で
バージンスノーに突進、なんとか玄関に着きました。
その後も雪は降り続け、明日の雪かきが大変だな
と思っていました。
翌朝、大きな音が外でしました。何かと思って外を
見ると、近所の人がブルドーザーで雪かきに来てく
れました。
その時は、ブルドーザーに乗ったオジサンが、白
馬の騎士に見えました。
この時の大雪で、樹齢数百年の赤松がポッキリ。
おかげで、とっても明るい日差しが入るようになり
ました。