夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 我が家のメタボリック

ブログ

blog

我が家のメタボリック

いまメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)が話題に
なっています。
私も家内も予備軍なのですが、一番深刻なのは愛娘(犬)です。
ドックフードだけで、しかも量を減らして食べさせているはず
なのになぜ?その原因は・・・


我が家の二匹の犬は、雄犬は痩せていて敏捷なのですが、
雌犬はのっそりしてチンチンもしません。
でもそれは仮の姿でした。
いつからか、買ってきたはずのパンが消え、野菜が消え、
テーブルの上に置いた料理まできれいに無くなるようになり
ました。
ある日、雌犬がダイニングテーブルに乗って、料理の残りを
食べているのを目撃しました。椅子を離して飛び移れないよう
にしておいたのに、80センチぐらい高さのあるテーブルに
どうやって乗ったのか、まるでイリュージョン。
それ以後、気をつけてはいるのですが、油断していると大変。
いままで食べてしまった物は、豚の角煮、すき焼きの残り、
佃煮1箱、サンドイッチ、フランスパン1本、納豆3パック、
バター1本、フライドチキンの骨、その他、桃、みかん、ごぼう、
ピーマン、キャベツなど数知れず。
バターを食べた時は、さすがに具合が悪そうでした。佃煮を
食べた時は、一日中水を飲んでました。
何を食べたかは、翌日のウンチでわかります。納豆を3パック
食べた後のウンチは糸を引いてすごかったそうです。桃を食べ
た時は、種が出てこなくて心配しました。
そこで、ダイエットのために食事の量を減らしたら夜中に何度も
吐くようになり、獣医さんに連れて行くと「お腹が空きすぎて胃液
の出すぎだから夜食を食べさせてください」といわれました。
エ~! せっかくダイエットさせているのに。
そんなわけで、身体は小さいのにお腹はパンパンです。
話はまったく違いますが、私の親戚の子供が小さい時に、目を
離した隙にタバコを食べてしまったり、ガラスのコップをかじって
しまったりして大騒ぎになりました。
小さなお子様がいらっしゃる方は十分に気をつけてください。