夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ゴルフ(珍)事件簿

ブログ

blog

ゴルフ(珍)事件簿

ゴルフは年に1~2回しかしませんが、過去におもしろい
事件がいっぱいありました。


パジャマ事件
ある年の夏、メーカー仲間A社長の会社の寮に泊まり、
翌日ゴルフをした時のことです。
そのA社長がゴルフウェアを持ってくるのを忘れました。
雨が降っていたので着替えがないと困ります。彼は悩ん
だ末、パジャマの上に上下のカッパ(レインコート)を着て
やることにしました。
ザーザー降りの中をスタート。ところが、あんなに激しく降
っていた雨が午前中に突然やみ、青空が出てきてしまい
ました。 普通はラッキーと喜ぶのですが、困ったのは彼
です。
どんどん気温が上がってきて、みんなカッパを脱いで半
袖姿なのに、Aさん1人が黄色い上下のカッパ姿。
お昼が一番困りました。名門ゴルフ場の食堂に、黄色い
カッパを着た男がいるわけですからそれは目立つこと。
しかも彼はこのコースのメンバー。
この時ばかりは、友達でも近づきたくありませんでした。
すっぽかし事件 1
違うメーカーの社長、Bさんの話です。
仲間4人で宇都宮のゴルフ場に行くことになりました。
朝、ゴルフ場に着くと、私は二番目。二人でレストランで
待っていましたが、あとの二人がなかなか来ません。
確か二人で一緒に来るはずだったのに・・・
スタートの時間が迫ったころ、1人から電話がありました。
彼の話しでは、迎えに来るはずのBさんが1時間待って
も来ない。何かあったのかと携帯に何度電話しても不通。
これは緊急事態かとBさんの会社に電話をしたところ、
「社長はいま役員会に出てます。」と言われ仰天したそう
です。完全に忘れていたのです。
呆れながらも、せっかく遠くまで来たのだからともう1人が
電車で来るのを待ち、3人でプレーすることになりました。
でも朝から待っていた友人は、ビールを飲みすぎてスタート
するころには泥酔状態となっていました。
もちろんB社長には、後日たっぷりご馳走になりました。
すっぽかし事件 2
メーカーのC社長と3人でゴルフをすることになりました。
前夜、接待で遅くなってタクシーで帰ると、首都高速が大
渋滞。ラジオから四谷ジャンクションで事故とのニュース
に、運転手さんが思わず「どこのアホウが・・」と毒づきま
した。
翌日、ゴルフ場で待っていると、C社長がきません。しか
も彼がこのコースのメンバーなのです。
しばらくして、C社長から電話があり、「昨夜、首都高速
の四谷で事故起こしちゃって・・・」と。
昨夜の「アホウ」はC社長だったのです。
せっかくだからと、二人でプレーできるように計らってくれ
たのですが、全然知らない人と組まされ、まったく面白く
ないゴルフとなりました。
ゴルファー失格事件
たびたび出てくるとぼけた同級生のT君。初めてコースに
デビューすることになりました。左利きの彼は、叔父さん
の古いゴルフ道具を持って来ました。
当日の朝、友人たちが各地から集まり、和気あいあいと
お茶を飲んでいざスタート。
ところが、ティーグランドまで来た時、彼が手袋を持って
いないと言い出しました。聞けば、手袋どころかボール
以外は何も持ってきていません。左利きは彼だけなので、
手袋だけは貸すわけにもいかず、素手で打つことになり
ました。
ところがふと彼の足元を見ると、彼はゴルフシューズで
はなく、普通の革靴を履いているではありませんか!
いまさらクラブハウスに戻るわけにもいかず、しかたなく
素手と革靴でスタートしました。
当然初心者なので空振りの連発。しかし彼は学生時代
野球部だったため、当るとボールは林のはるか彼方。
革靴でツルツル滑りながら、悪戦苦闘していました。
なんとか無事にプレーが終わり、彼は先に帰りましたが、
玄関には彼のぼろぼろのゴルフバックが忘れ去られて
いました。
プレー放棄事件
メーカーのD社長はゴルフ嫌い。その彼を無理やりコース
に連れて行きました。
我々とは別の組でしたが、当然空振り連発でボールは
右に左に。そこをみんなでフォローし、A社長が根気よく
丁寧に教えていたそうです。
しかし、お昼になって彼の姿が見えません。
聞くとD社長は、「時間の無駄だ」と言って帰ってしまっ
たとのこと。まあ、誰にも向き不向きはありますが・・・
そろそろ業界ゴルフがあるので、1年ぶりに練習に行き
ました。それ以来身体中が痛くて・・・
私もゴルフには向いていません。