夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 栃木の車窓から

ブログ

blog

栃木の車窓から

先日、栃木県の烏山線に乗ってプチ旅行をしました。


烏山線は、東北線宝積寺駅と烏山駅を結ぶ全長20
キロのローカル単線です。
実家のそばに宝積寺駅があるので、2両連結のディ
ーゼルカーが走っているのをよく見かけ、一度乗って
みたいと思っていました。しかし、駅には車でしか行
けないのに、駅前に駐車場がなかったのです。
もっとも、烏山に行くなら車で行った方が全然早いの
ですが。
昨年、宝積寺駅は田舎の木造駅舎から突然モダン
な駅にリニューアルし、駐車場もできました。そこで
烏山線に乗ってみようということになったのです。
せっかくなので、烏山市内の名所旧跡を見て、お昼
を食べようと思い、人に聞いたりネットで調べました。
有名建築家がデザインした宝積寺駅
なぜ駅にこんなにお金をかけたのか・・
200809131228000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%AE%9D%E7%A9%8D%E5%AF%BA%E9%A7%85.jpg
ローカル線に乗る機会などないので、みんな珍しい
ことばかり。驚いたのは、バスと同じように完全ワン
マン化されていたことです。
旧国鉄時代は貨物列車にまで車掌が乗っていたの
に、民営化されてずいぶんコスト削減されたのですね。
でも運転士さんは、一人で乗客の乗り降りや運賃の
徴収までするので大変です。
これは列車の前か後ろか?
正解は後ろ。赤いテールランプが点いてます。
200809131110000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%88%97%E8%BB%8A.jpg
めずらしい社内の扇風機。自分でスイッチを入れます
200809131041000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E6%89%87%E9%A2%A8%E6%A9%9F.jpg
ほとんどが無人駅なので、途中で乗り降りする人は、
支払いを車内で行います。
ディゼルカーは、昔のできの悪いバスのようで、ガソ
リンの匂いと振動がちょっと気になりました。
これ・・・駅です
200809131149000%20%20%20%20%E7%84%A1%E4%BA%BA%E9%A7%85.jpg
列車は、畑の真ん中の単線をのんびりと走っていき、
川と山をいくつか越えました。
途中、鉄道ファンみたいな人が乗り込んできたり、沿
線でカメラをかまえた人がけっこういました。
もしかしたら、烏山線は鉄道マニアの聖地かも。
200809131150000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%B7%9A%E8%B7%AF%E7%95%91.jpg
30分で烏山駅に到着。
昔の宝積寺駅もかなり古い駅でしたが、烏山駅は更
にクラシックな雰囲気でした。
200809131130000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%83%8F%E5%B1%B1%E9%A7%85.jpg
歩いて観光でも、と思っていたのですが、この日は30
度以上の暑さ。とってもそんな気にならず、昼食を食
べようかと思いきや、駅前にそれらしいお店もなく、調
べてきたお店も遠そう・・・列車は1時間に1本しかない
ので、次の次の列車は1時間半後。
都会人は待つのが苦手。何しろ5分も待てば電車が
来る生活をしています。結局、駅前のお店で鮎の塩焼
きを買って、乗ってきた列車で帰ることにしました。
途中、上下線のすれ違い駅が一つありましたが、すれ
違った列車はさっきと同じ。ということは、2列車だけで
運行しているということ?さすがローカル線。
駅員さんが持っている輪は?
単線のすれ違い駅でこれをもらわないと発車しては
いけないという安全策。今でも使われているとは・・・
200809131157000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88.jpg
往復1時間半の「なんじゃこりゃー」プチ旅行でした。