夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 自然回帰

ブログ

blog

自然回帰

科学の発達により、人間は沢山の恩恵を受けてきま
した。反面、その弊害も・・・


近年、医薬品や化粧品は科学合成で創られるように
なり、いまや食品さえも科学の力なくしては作れない
ような時代です。大変便利で豊になりましたが、以前
にはなかったアレルギーなども増えています。
そこで、オーガニックという物が注目されてきました。
オーガニックとは、農薬を使わず有機栽培された植物
のことで、野菜や自然化粧品の原料に使われるように
なりました。
考えたら、私が子供のころは野菜はみなそうして作ら
れていたわけで、進みすぎた時代をちょっと戻した感じ
です。
オーガニックといっても国によって基準がずいぶん違う
ようで、日本では明確な規定がないため、一部の原料
に使っているだけでオーガニックと表示しているものも
あるようです。「○○風」とか「○○タイプ」とか、昔から
ある日本のあいまい文化の悪いところでしょうか。
一方、世界一厳しいといわれているのはドイツで、検査
基準をパスするには、成分のすべてが有機栽培で、合
成の保存料、防腐剤、香料、着色料などは一切使用で
きません。
最近ロハスコスメという言葉も聞くようになりました。
ロハスとは、地球環境保護と健康な生活を最優先し、
人類と地球が共栄共存できるライフスタイルのことで、ロ
ハスコスメは自然派化粧品という意味で使われています。
今年になって、このロハスコスメだけを輸入している会社
の社長さんと知り合いました。
自然派の理念は、自然の生薬だけを使っている救命丸と
通じるものがあります。そこで、厳しいドイツの基準をクリ
アーしたオーガニックのベビーローションや妊娠線に使う
クリームなどを、当社の通販で販売することになりました。
まだ種類は少ないですが、これから肌に優しいオーガニッ
クの日焼け止めクリームや防虫スプレーなどもラインナップ
させていく予定です。
通販 【銀の粒】
http://www.netyokocho.jp/gin/goods/0050/
話しはガラリと変わります。
先日、母の命日に栃木の実家に行ってきました。
裏の竹林に行ってみると、直径15センチぐらいの太い
竹の子がにょきにょき生えています。大きくなった竹の
子は食べれませんが、放っておくと太い孟宗竹になっ
てしまうので、納屋からクワを持ち出し竹の子狩りをし
ました。
   
 気持ち悪いほどでかく、何かの角のよう
200804291410000%20%20%20%20%20%20%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%81%84%E7%AB%B9%E3%81%AE%E5%AD%90.jpg
       食べるのにはこのぐらい
200804291411000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%87%BA%E5%A7%8B%E3%82%81.jpg
初めてのクワ使いで、足を3回切りそこないました。
頭をちょっとだけ出しているのを掘り出し、持って帰り
煮付けにしました。おいしかったです。
これも無農薬、無肥料の究極のオーガニックです。
        
            収穫
200804291444000%20%20%20%20%20%E7%AB%B9%E3%81%AE%E5%AD%90%E4%B8%A6%E3%81%B9%E3%81%A6.jpg