夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 歴史の重み

ブログ

blog

歴史の重み

ある薬品会社の創業350周年記念パーティーに
出席しました。


500人ほどが出席した盛大なパーティーで、9人
の来賓の祝辞があり、それだけで1時間以上か
かりました。我々は着席していたのでよかったの
ですが、主催者側は立っていたのでさぞ大変だ
ったことでしょうそう。
挨拶に立たれたのは,皆さん一流企業の方たち
ばかりでしたが、一様にみなさんが賞賛されたの
は、やはり創業350年という長い歴史の重みで
した。たしかに、どんな大企業になっても歴史の
長さだけは変えられません。
うちも今年で創業411年。それに比べると、私の
56年の人生なんてちっぽけなものです。
実家に行って何百年も昔からある松の木や建物
を見るたびに、私の知らない歴史を見てきたのだ
と思うと感無量になります。
そんな思いをはせながら祝辞を聞いていると、あ
る大企業の方が、「薬業界で350年以上歴史の
ある会社は聞いたことがない」と言われました。
思わず「ちょっと !ちょっと・ちょっと」と言いたくなり
ました。
うちをはじめ、養命酒さんが406年、樋屋製薬さ
んが386年。350年以上歴史のある会社がこの
会場に3社も来ているのに・・・
そのあと、養命酒の社長さんと会って苦笑い。
周りにいた友人に[宇津さん、抗議してくれば?」と
冗談で言われました。
ま、新薬大手のメーカーさんじゃ、家庭薬の歴史
などご存知ないでしょう。
話しは変わりますが、いままで会った方で歴史の
長さでは負けたことがありません。しかし、ついに
敗北の日が・・・
家内の従兄弟の結婚式に出席した時のこと。
新郎の勤める会社の上司が祝辞で、「うちは歴
史の長い会社で・・・」というので、まあ100年ぐ
らいかなと思ったら、なんと450年。
このときばかりは「負けた !」と思いました。
うちも創業500周年の時は盛大なパーティをやり
たいと思います。ひ孫に託して・・・