夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » ナーバス

ブログ

blog

ナーバス

最近、食品偽装や異物混入問題などが多発し、食品
関係者も非常にナーバスになっているようです。


先日家内と息子の3人で、デパートの中にある中華
料理店にいきました。
ほとんどの料理を食べ終わったころ、口の中に異物
が・・・。出してみるとそれはビニールの切れ端でした。
髪の毛や虫とは違うし、たまにあることなので大して
気にもしなかったのですが、食器をさげに来た店員さ
んに何気なく言いました。
するとマネージャーらしき人が飛んできて平謝りされ
「新しいものと交換します」とか、「何か他の料理をお
持ちします」と言われました。
そんな気持ちはまったくなく、おなかもいっぱいだった
ので、丁重にお断りして帰ろうとしました。
すると、「デザートをお持ちしますから」と止められ、
マンゴーの入った美味しい杏仁豆腐をいただきました。
ちょっぴり得した気分で、家内がレジでお金を払おうと
すると、先ほどのマネージャーらしき人に何か言われ
ています。近寄って家内に聞くと「・・・をただにしてく
れるって」としか聞こえなかったので、ビニールの入っ
ていた料理をただにしてくれるのだと思いました。
ところが、よく聞くとそうではなく、すべての代金を取
らないと言うのです。これにはビックリ。
クレームをつけて何かしてもらおうと思った訳でもなく、
誠意は十分見せていただいたので、代金は払うと強
く言ったのですが頑として受け取りません。
仕方なくお言葉に甘えました。
いままでも、ほかのお店でホッチキスが入っていたり
髪の毛が入っていたりしてクレームをつけたことはあ
りました。でも、これほどの待遇は受けたことがありま
せん。
このお店が、以前からこのような手厚いクレーム処理
の体制をとっていたかどうかはわかりませんが、食の
安全が問題になっているこの時代ですから、かなり
神経質になっているのでしょう。
お店を出て、かえってなにか申し訳ないようで、また
食べに行ってあげようという気持ちになりました。
そして、「クレーム処理とはこうあるべき」という勉強に
もなりました。
お知らせ
千代田区の広報から取材を受け、[千代田day’s]
に紹介されました。
http://chiyoda-days.jp/future/staffblog/legwork/