夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 続・郷愁  追記

ブログ

blog

続・郷愁  追記

幼いころの田舎生活で、鮮明に覚えている
遊びは魔法の薬創り。


そのころ、実家の庭外れの薄暗い場所に、古
い石の手水鉢(ちょうずばち)がありました。
当時見たディズニーのマンガの影響でしょうか、
姉と二人で、それで魔法の薬を創ろうというこ
とになりました。
といっても子供のこと、最初は台所から持って
きた調味料や、薬箱の中の薬を入れたりして
いました。それがだんだんエスカレートしてき
て、倉庫にあった中身のわからない粉や缶の
中身を入ました。
さらに庭にいた虫やカエルの死体などを入れ、
最後は私がそこにオシッコをして完成。
できあがった不気味な色の液体に、なんだか
本物の魔法の薬を創ってしまった様な気持ち
になり、姉とこのことは誰にも話さないと固く
誓い合いました。
そのあと、その魔法の液体がどうなったのか、
不安でしばらく近づけませんでした。
薬を調合する薬剤師の素質はこのころから
あったのかも・・・