夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » コンビニでかぜ薬?薬事法改正

ブログ

blog

コンビニでかぜ薬?薬事法改正

最近ニュースや新聞で、「来年の4月からスーパー
やコンビにでも薬を売ることができる」という話題が
出ています。


アメリカのスーパーに行くと、サプリメントと薬が同じ
棚に並んでいて、混同してしまうことがあります。
現在日本では、薬は薬剤師のいる薬局か、薬剤師・
薬種商のいる薬店・ドラッグストアでしか販売できま
せん(一部の薬は、家庭に届ける配置販売や、へん
ぴな場所に限って販売が認められる特例販売業で
売ることができます)。
今回薬事法が改正され、薬局やドラッグストアー以
外のスーパーやコンビニなどでも、一定の条件下で
一般医薬品の販売ができるようになります。
そのために、新たに医薬品を販売できる「登録販売
者」という資格制度もできました。
今後、すべての一般用医薬品は、その効き目に応
じて第1種から第3種までに分類され、登録販売者
は、そのうちの第2種と第3種の医薬品を販売する
ことができます。
第1種は作用の強い医薬品。第3種はビタミン剤の
ような作用の弱い医薬品。それ以外の医薬品が第2
種で、大多数の医薬品がこれに該当します(当社
の医薬品もすべて第2種です)。その分類は、パッ
ケージ・能書・ラベルに表示されます。
  このように、商品名のそばに表示されます
200808261040000%20%20%20%20%20%20%20%20%E5%88%86%E9%A1%9E.jpg
来年の4月には店頭で分類して陳列されるため、す
でにメーカーは表示改定の作業に入っていますが、
何しろ当社だけでも20品目近くありますから、すべ
ての一般薬のパッケージ・能書・ラベルが全部変わ
ると、いったいどのぐらいの数になるのか検討もつき
ません。
印刷屋さんは相当儲かるだろうともっぱらのウワサ。
消費者にとっては、コンビにで24時間薬が買えたり、
薬が買える場所が増えていいことずくめですが、現
時点では売り場面積の確保などの条件があり、コン
ビニでの販売は事実上不可能のようです。
業界としては、販売ルートが増えるのはいいことの
ようですが、過当競争が激化し、市場が混乱するこ
とを懸念しています。