夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 思いでの格安旅行

ブログ

blog

思いでの格安旅行

いまはネットで旅館やホテルを安く頼めるサイトがあり、
更にその中で最安値を探すサイトまであります。
最近破格の50%引というのを見つけましたが、キャンセル
は不可だそう。
テレビでも割引する旅館を紹介する番組がありますが、
中にはどうみても最初の定価が高過ぎると思うケースも。
さて本題です。以前は格安サイトもマイレージもなかっ
たので、安く行けるのはパックツアーぐらいでした。
10年以上も前ですが、一時家内が格安のパック旅行に凝っ
ていました。というのも、家内が友人とある格安パックに
行ったら、至れり尽くせりで感激したからです。
そのとき最後にアンケートがあり、家内たちは大満足と書
いたのに、隣の人は食事がまずかったの旅館が汚いのと文
句ばかり書いてたとか。まあ値段相応ですから、過度な期
待をするのは無料というもの。
という訳で、われわれも九州2泊3日で飛行機・レンタカー・
ホテル・夕食朝食付で一人2万円というのに行きました。
そんなに期待はしてなかったのですが、なかなかの内容
でした。(金額がちょっと違うかもしれません)。
長崎空港に着いてレンタカーで移動。もちろん一番安い
クラスですが、でもそれ以外は、雲仙・指宿のホテルも
食事もよく、ほんとにお得な旅行でした。
帰りは鹿児島空港発でしたが、その機内で更にラッキー
なことが起きました。
当時われわれが乗った航空会社では、毎日抽選で1便、乗
客全員に1万円がもらえるというキャンペーンをやってま
した。帰りの機内でそれに当たったというアナウンスが
あったのです。ただし、特定の航空券の人はもらえない
とのこと。「なーんだ、もちろん格安パックだからもら
えないんだろう」。そう諦めてたら、羽田で我々にも1万
円づつもらえて大喜び。結局2泊3日の旅行が差引1万円に
なりました。
家内は御守りにすると大事に持ってましたが、いつのま
にかなくしました。
冬の十和田湖1泊2日、移動はタクシー、飛行機・ホテル・
夕食、遊覧船付で合計2万円という旅行にも行きました
が、この旅行は豪華でした。
空港はたしか秋田県の大館能代空港だったと思います。
ツアー客は我々を含めて6人。空港から70キロも離れた十
和田湖のホテルまでワゴンタクシーという豪華さで、宿
泊も湖畔の立派なホテル。食事も美味しかったです。
翌日は遊覧船に乗りました。この季節は運行期間外なの
に、我々6人のために大きな船を動かしてくれて十和田湖
巡りをしました。
その後、タクシーで秋田市内へ行って観光、お昼は自前
でしたがまた空港まで送ってくれて全部で2万円(たぶん)。
道中、タクシーの運転手さんが安い秘密を教えてくれま
したが、まあ半分ボヤキ。
大館能代空港を秋田県の肝いりで造ったのですが、年間
の利用客が少なくこのままでは廃止に追い込まれる運命。
そこで秋田県の頼みで各社が赤字覚悟で協力し、このツアー
企画を立てたのだそうです。運転手さんはガソリン代も
出ないとこぼしてました。
たしかに大館能代空港はアクセスが悪く、観光客はタクシー
かレンタカーしかない(当時)というのですから利用客が
少ないのもうなづけます。
いまでもこの空港は東北の利用客が少ないワースト空港
1位のようですが、それでもまだ存続してるのはわれわれ
が一肌脱いだから?
以上は値段以上のお得だった旅行ですが、当然そんない
いツアーばかりではありません。
定山渓・阿寒湖・札幌に3泊4日、飛行機・レンタカー・
ホテル・夕朝食付で3万6千円というツアーに行きました
が、その夕飯にはビックリしました。
1泊目は定山渓の古い旅館でしたが景色が見えない。
部屋食でしたがメイン料理がハムエッグ!しかも周りが
赤いやつです。これって朝食でしょ。
2泊目は阿寒湖の某有名観光ホテル。今夜こそ北海道の
幸が食べられるだろうと期待して食堂へ行くと、なぜ
かわれわれツアー客だけ隔離されてます。その理由は
すぐわかりました。
出てるおかずがひどい。でもメインは海鮮焼き。一点
豪華主義だろうと期待を込め、火にかかった器の蓋を
取ると「ええっ?」。
ちっちゃなベビーホタテとエビが肩を寄せ合い、申し
訳なさそうに入ってました。しかもこれは絶対冷凍。
冒頭に値段相応とは言いましたが、これはちょっと
ひどすぎ。翌日の朝のバイキングの方がよかったです
(一般客と同じなので)。
3泊目は夕飯が付いてないので、札幌の友人と市内で食
べました。考えたら夕飯無しでも十分に安かったので、
キャンセルして外で食べてもよかったかな。
こんなツアーはもうないでしょうが、これ以来ツアー
で行くのをやめました。
「宿泊費を下げるために料理の質を落とす」。それが悪
循環の始まりと、経営悪化のホテルを立て直した方に伺
いました。いまの若い人は安かろう悪かろうではダメで、
価格を上げて料理を良くし経営を建て直したそうです。
いまだったら口コミに載ったりツイッターなどで拡散し
ますからね