夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 自然保護

ブログ

blog

自然保護

先月、奥飛騨に行って自然と触れ合ってきました。


平成9年に松本から飛騨地方に抜ける安房(あぼう)
トンネルが開通し、奥飛騨温泉郷が脚光を浴びてき
ました。
このトンネルができる以前から、うちは毎年奥飛騨
温泉郷にある新穂高温泉に行っていました。
険しい山のふもとにある温泉は、イオウ臭いほんと
に温泉らしい温泉です。
      イオウの匂いの露天風呂
200810021624000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E6%96%B0%E7%A9%82%E9%AB%98%E6%B8%A9%E6%B3%89.jpg
        ホテルからの絶景
200810030853000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E7%B5%B6%E6%99%AF.jpg
ホテルのそばにある新穂高のロープウェイは、日本
初の二階建てで、その高低差も日本一だそうです。
    写真を撮りそこなってパンフレットより
200810030840000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E4%BA%8C%E9%9A%8E%E5%BB%BA%E3%81%A6%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4.jpg
今回時間があったので、久しぶりに上高地に行くこ
とにしました。
上高地はかなり前からマイカー禁止で、[沢渡]に車
を置いてバスかタクシーで行くしかありません。
バスが往復1800円、タクシーが往復8000円の定
額。今回は4人だったので、1人2000円のタクシー
で行くことにしました。
親切な運転手さんで、いろいろと説明をしてくれ、途
中で停めて写真を撮ってくれたりしました。
上高地へ続くトンネルは、東京電力の水力発電の水
源を確保する工事のために掘られ、それがなければ
観光地にならなかったということも初めて知りました。
現在は、土日の観光バスも乗り入れ禁止だそうで、
週末の方がかえって空いているとのことでした。
私が大学生のころはまだ車で行けたのですが、トン
ネル内は交互の一方通行。急勾配な上に舗装がガ
タガタで、途中で止まると、坂道発進が恐怖だった
のを覚えています。その後自然破壊が叫ばれ、マイ
カーでの通行が規制されてきました。
現在は上下二本の新しいトンネルができましたが、
その傾斜角度はトンネル内では日本一だとか。
トンネルを抜けるとそこは大正池・・・のはずが、池が
ない!
昔のイメージでは、丸い池の中に古木が立っていた
のですが、いまや池ではなく川のようです。
国立公園内は人工的な工事ができないそうで、長
い年月と最近の豪雨で、かなり地形が変わってきた
そうです。
           大正 川?
200810031113000%20%20%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E6%B1%A0%EF%BC%9F.jpg
 
上高地から奥飛騨へ行く途中に乗鞍高原がありま
す。紅葉の季節は最高の景色ですが、2003年より
ここもマイカーの乗り入れが禁止となり、バスでしか
行けなくなってしまいました。
以前は車で通り抜けられたのですが、バスだとまた
駐車場まで戻ってこなくてはならず、観光客も激減し
たとか。
スイスのどこかの町は、電気自動車以外乗り入れ禁
止だそうで、これからは日本も、観光を犠牲にしても
自然を守らなくてはならないでしょう。