夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 同窓会

ブログ

blog

同窓会

栃木の実家で同窓会を開きました。


同窓会といっても男4人。大学の自動車部の同期です。
入部して半年、理不尽な先輩に反抗して1年生全員
(男女11人)で退部し、新しい部を作りました。
それだけ結束が固かったのですが、卒業後はみな地
元に帰ったり、女性は結婚したりで、東京に残ったの
が4人というわけです。
4人のうち、2人は当時の女子部員と結婚しましたが、
その中の1人は私です。
家内は、「免許を取らせてあげる」とそそのかされて入
部したそうですが、ついに卒業まで免許を取らず、唯一
免許を持たない自動車部員でした。
みんな運転が好きなので、卒業してからもずっと、年
に1回は車でどこかに旅行に行っていました。
しかし、年を取ってくるとだんだんそれもおっくうになり、
ドライブするより酒を飲んでいる方がいいという圧倒的
な意見(3対1)により、私の実家で一泊二日飲んだく
れるというのが定番になりました。
同じ薬剤師でも仕事はバラバラで、1人は薬局経営者、
1人は病院薬剤師、1人は新薬の研究者。話しも多岐
にわたって聞けるので、勉強になることもあります。
特に薬局を営んでいる友人は土曜も仕事なので大変。
みんなが二日同時に休めるのは連休しかないのです。
出発前に、東京のデパートで食材を買いました。
交通費込みで1人1万円の会費ですが、なにしろ宿代
はタダですから、あとはすべて食費。使いでがあります。
みんな奥さんがいないことを幸いに、食べたことのない
ような高級食材を次々と買いあさります。しかも、とても
一泊二日の旅行とは思えないぐらいの量。
3時ごろに到着すると、すぐにみんな飲みだし、次の日
の昼までずっとアルコール漬け。
外でバーベキューをしましたが、さすがに夜は涼しい・・
というより寒くなりました。でも、酔っ払いは平気。
かぜを引かせないように面倒みるのも大変です。
みんなに「おまえはまったく飲めないのに、よく酔っ払い
の相手をしているよな」と言われました。
酒池肉林?
PICT0031%5B1%5D.JPG
確かに私の友人たちはみんな酔っ払いばっかり。
ワシントン発のニュースで、「アルコールを飲めば飲む
ほど脳が縮小するという研究結果が明らかになった。」
とありました。
あと数年で私の友人たちの脳はなくなるでしょう。
夜、昔話に花が咲きました。
学生時代に旅行に行った話しをすると、みんなの記憶
は断片的。
みんなで西日本に行って、出雲大社や鳥取砂丘を巡っ
たという話を聞いたときはすごくショックを受けました。
私も家内もまったく記憶になく、今年の5月に行って(ブ
ログにも書きました)、すべて初めて見る光景だと思っ
ていたのです。
アルコールを一滴も飲まなくても、脳は縮んでいるの
ですね。