夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 神々の儀式

ブログ

blog

神々の儀式

先週の金曜・土曜と続けて、相反するお祭りと葬儀が
ありました。


10月17日は、薬祖神のお祭りでした。
薬祖神とは薬の神様で、祭典は明治41年から続い
ているそうです。現在神社は、日本橋にある6階建て
のビルの屋上にあります。
昭和29年に地元のお祭りとするために薬祖神奉納
会が結成され、新薬大手から家庭薬まで、東京にあ
る製薬メーカーのほとんどか参加しています。
  ビルの前に並ぶ社名入りの奉納ちょうちん
200810171429000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%A1%E3%82%93.jpg
式典は屋上にある神社で行われますが、狭い所に大
勢の人が参列するので、いつもぎゅうぎゅう詰め。
医薬品関係者はもちろん、地元の役員の方々も参列
し、このお祭りが地元に根付いていることがわかりま
す(なぜか消防署署長も来賓でみえてました)。
200810171326000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%A5%AD%E5%A3%87.jpg
式典が終わったあとは一般参拝もおこなわれ、おみき
やおしるこが振舞われ、くじ引きで福袋も当たります。
また特設屋台の上では祭りばやしが奏でられ、お祭
り気分を盛り上げていました。
200810171429001%20%20%20%20%20%20OHAYASHI.jpg
翌日は、一転して葬儀です。宇都宮の作新学院で行
われた叔母の学校葬に参列しました。
式典は神教で行われ、またも神主さん登場です。
弔辞は、叔母と親交のあった森山真由美参議院議員
をはじめ、栃木県知事、宇都宮市長などのお歴々が
読み上げました。
次に玉串奉奠(ほうてん)をおこないましたが、普段な
かなか機会もないと思うので、ここで正式な作法を。
神主さんから榊(さかき)を受け取ったら、祭壇の前で
榊を時計回りに半回転させ、枝の方を祭壇意向けて
供えます。深く二礼し、二拍手の後にまた一礼。
玉串奉奠は前日のお祭りでも行いましたが、大きな
違いは、葬儀のときは拍手する時に音を出さないこと
です。
参列者は、学校関係の来賓、教職員、PTA、父兄、
生徒・学生のクラス代表。なにしろ幼稚園から大学ま
であるマンモス校なので、代表だけでも数千人に及
び、式典は二時間半もかかりました。
式典が終わり、遺族は遺影とお骨を持って車で自宅
に向かいましたが、その進路の両側には生徒と校旗
がズラリと並んでました。
私は会場前で失礼し、生徒が解散してから自分の車
で帰りましたが、途中で、広大な構内を一周して元に
戻ってきた車列にバッタリ。
仕方なく校門までついていきましたが、やれやれと思
ってネクタイを緩めた私にまで、生徒や先生に最敬礼
されてしまいました。でも、先頭にならなくてよかったー。