夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » スキー 昔と今

ブログ

blog

スキー 昔と今

私が初めてスキーをしたのが高校時代。
以来40年、スキー事情もかなり変ってきました。
私の滑りは相変わらず上達しませんが、最近感じる
のは、昔に比べてなんと便利になったことか・・・


昔は当然道具も悪く、私が高校の頃はスキー板は
木でできており、靴は皮製でした。
特にスキー靴は難物で、半日滑れば水分を吸って
足はぐしょぐしょ。家に帰ってうっかり手入れを忘れよう
ものなら、翌年靴を出した時にはイナバウアーのように
反り返って、板にはまらなくなってしまいます。
大学生時代は、スキー人気の絶頂期で、スキーに
行くのも大変でした。
電車の指定席はなかなか取れず、宅急便がなかった
ので、重いスキーと重いバックを持ってホームで1時間
前から並ぶこともありました。それでも座れずに、長野
まで3時間近く立って行ったこともあります。
だからといって車で行くと、まだ高速ができない頃は
6時間以上もかかり、関越高速ができても練馬の
入口から苗場まで渋滞するほどの混み具合。
ゲレンデには人が溢れ、遅い一人乗りのリフトしかない
時代ですから、土日のリフトの1時間待ちはあたりまえ
でした。
そんな時代に比べれば、今は長野まで新幹線で
1時間半。スキー人気の下降からか、電車が取れない
こともありません。スキー板と荷物を宅急便で送れば、
会社が終わってからでも手ぶらで行けます。
ゲレンデも土日でもそんなに混むことはなく、リフトも
高速でスイスイ乗れます。
そんな便利な時代になりましたが、反比例するように
残念ながらこちらの体力が持たなくなりました。