夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 結婚式の珍事

ブログ

blog

結婚式の珍事

葬式に続いて今回は結婚式のお話し。いろいろな結婚式に
呼ばれましたが、面白い話やヒヤッとした話しがあります。


男性が、結婚式に着ていく略礼服は黒のダブルで(正装は
黒のスリーピース)、ネクタイを黒に変えて通夜・葬式にも着
て行きます。
あるとき、葬式の直後に結婚式がありました。受付で内ポケ
ットからお祝いを出すと、一緒にハガキの様なものが出てき
ました。見ると葬式の帰りにもらった会葬御礼!
あわてて引っ込め、冷や汗ものでした。
ある取引先のご子息の結婚式で、新婦の友人の挨拶を料
理を食べながら聞いていました。新郎とも親しかったらしく、
最初は二人とのエピソードとかを話していたのですが、だん
だん泣き声になってきました。「感極まったんだな」と思った
ら、それが大間違い。
突然、「新郎の隣に座るのは私のはずでした」と言い出し、
みんなのフォークとナイフがピタッと止まりました。
凍りついた空気の中、新郎は笑うしかないという感じでした。
結婚式で困るのは長いスピーチ。お年寄りはだいたい昔の
格言とかを延々話し、そこにボケが入っていようものなら・・
ある人の結婚式で、ながーい祝辞を述べていたおじいさん。
途中でセリフを忘れたようで、同じ話しのくり返し。ついに諦
めて席に戻りました。
ホッとした司会者が次の名前を呼ぼうとしたとき、「思い出し
た!」と言って戻ってき、また初めから話が始まりました。
ホントにK・Yの人は困ったものです。
私の友人で、2度離婚した男がいます。
歌番組のスポンサーをしていた関係で、披露宴で歌手が歌
を歌ったのですが、一度目は菅原洋一が「今日でお別れ」を
歌い1年後に離婚。二度目の結婚式では懲りずに、シルビ
アが「別れても好きな人」を歌い数年後にまた離婚。
その司会をしたのが徳光さんで、あるラジオ番組で、「オレ
が結婚式の司会をするとみんな別れちゃうんだよねー」と言
っていました。離婚した率は7割だそうです。同じ人に二度
も離婚されたら率も上がります。
実は私も結婚式を二回しました。イヤ、再婚ではありません!
一度東京でやって、二度目を工場のある栃木でしたのです。
宇都宮の老舗デパートの最上階の式場で行ったのですが、
式の始まる直前、スピーカーから食料品の特売のアナウン
スが流れ、とっても恥ずかしい思いをしました。
最後は手前味噌になりますが、私の迷スピーチ。
あるメーカーの社長の弟さんの結婚式で、主賓の挨拶を頼
まれました。普通の挨拶ではつまらないと思い、頭をひねり
考えました。
呼ばれていたのは、浅田飴、救心、太田胃散、キンカンな
ど家庭薬メーカーの社長たち。
そこで各社の製品を薬箱に詰めてプレゼントし、「幸せな家
庭はまず健康から。病気になったら、せき・声・のどに浅田
飴、どうき・息切れに救心、食べすぎ・のみ過ぎに太田胃散、
虫さされにキンカン・・・」と7社の宣伝をし、最後に「お子様
が生まれましたら、夜泣き・かんむしに宇津救命丸を。ただ
し有効期限は5年なので、お子様の誕生はお早めに!」と
言って大ウケしました。