夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 恋文

ブログ

blog

恋文

母の遺品を整理していたら思わぬものが出てき
ました。


一つは、母が学生時代に書いた料理ノート。
当時の乏しい材料を使い、工夫しながら作った
料理がカラーのイラスト入りで書かれており、
我が母ながら、なかなかの絵心と思いました。
           
200901211833001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%89%B2%E7%83%B9%E5%AE%9F%E7%BF%92%E5%B8%B3.jpg
200901211832000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%89%B2%E7%83%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88.jpg
もう一つは、戦争中に母が作った慰問袋を持つ
少女の人形ですが、これはお世辞にもうまいと
は言えません。
しかしこの二つが、後に染物や人形作りなどの
手芸に没頭した母と、そのDNAを受け継いで
イラスト描きや模型作りが好きになった私の原
点かと思うとなんだか感無量でした。
    「エモン袋」とあるのは栃木弁?
200901211837000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E3%80%80%E6%85%B0%E5%95%8F.jpg
さらに、引き出しの奥にすごいものを発見。
それは古い封筒で、宛名は旧姓の母、差出人
は父でした。
見ていいものかと迷いながらも興味が先にたち、
読んでみると便箋6枚に書かれた父のラブレター
でした。
両親は見合い結婚でしたが、何度か会った後
に書いて送った手紙のようです。
最初は自分の近況を長々と書き、次に母と会
った時がいかに楽しかったかと書いてありまし
た。そして文章はいよいよ核心に・・・
自分は、同年代の従兄弟に比べて積極的で
はなかったけれど、母への思いは誰にも負け
ないということと、是非また会いたいので何月
何日何時着の汽車で宇都宮に来て欲しいと
書いてありました。
    会社の封筒というのがちょっと・・・
200901211836000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E6%89%8B%E7%B4%99.jpg
家内は手紙を読んで、父の思いがよく伝わっ
てくると感動していました。「至急」のスタンプ
が、父のはやる気持ちを現しているようです。
家ではいつもえばってよく母を怒鳴っていた父
が、こんな手紙を書いていたとはオドロキ。
この手紙がとってあったということは、もらった
母も嬉しかったのでしょう。だからこそ亭主関
白の父に黙って尽くしてきたのだと思います。
この手紙の存在を知っていれば、母の棺に入
れてあげられたのに・・・
母はこの汽車に乗って会いに行ったのでしょ
うか?いまとなっては確かめようがありません
が、私が生まれたということは、父の思いは
伝わったのです。
電話もなかなかかけられない時代に、昔の人
はこうして自分の思いを伝えたのですね。
まさに恋文です。
先日兄弟家族が集まったとき、メインイベント
にこのラブレターを読み上げましたが、知られ
ざる父の側面にみな感動していました。
ふと思ったのは、私が死んだあと子供達に同
じことをされたらたまりません。
そこで家内に「私のラブレターはとっていない
だろうな?」と聞くと「そんなのもらってない!」と
言われました。
ご主人や奥様からいただいたラブレターには
ご注意を。もちろん、違う人からもらった手紙
は論外です。