夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 薬の通信販売

ブログ

blog

薬の通信販売

今年の6月から、薬の通信販売が第3類医薬品(目薬・
貼り薬など)を除いてできなくなります。


最近、新聞やニュースで、そんな話題がよく出てくるよ
うになりました。それは薬事法改正によるもので、規制
緩和によって薬局・薬店以外でも薬が売れる(ただし免
許制)ようになる反面、薬は対面販売でなくてはならな
いという原則を改めて遵守させようとするものです。
最近CMで「OTC医薬品」という言葉を聞かれることもあ
ると思いますが、それは薬局・薬店で売られる大衆薬
(一般薬)のことです。OTCとは「Over The Counter」
の略語ですから、本来大衆薬はカウンター越しに買うと
いうのが前提なのです。
まだ薬局・薬店が小型だったころは、その形態が守られ
ていましたが、ドラックストアーの登場と大型化により、
並べる商品の数も増え、いつしか消費者が手にとって
選べるような陳列に変わってきました。
また、インターネットが普及するにつれ、一部の薬の通
信販売が行われるようになりましたが、これらのことは
消費者の利便性もあり、いわば規制緩和的に黙認され
てきました。
今回の通販禁止の問題は、お客様、小売店様サイドで
も賛否両論のようです。
お客様にとっては、通販がなくなると不便という声が大
多数のようです。すべての家の近くに薬局があるわけで
はなく、買いにいけない状態の方も沢山いるからです。
一方、通販だと気軽に大量の薬が買えるので、薬害を
心配される方々もいるようです(売る側のモラルが問題
ですが・・・)。
小売店様サイドでは、通販はライバルですからすべてが
反対と思いきや、来客数の減少を通販でカバーしてなん
とか活路を見出してきたお店や、通販のみに特化してい
るお店もあるので複雑です。
メーカにとっては、いままでは近くに薬局・薬店がないお
客様とか、どうしても手に入らない場合に直接送ることも
あるようですが、それができなくなるのはサービスの低
下につながります。
また、販路の無い地区を通販でカバーしていたメーカー
もあるので、今後は大変でしょう。
いずれにしても、いま舛添厚生労働大臣はこの通販禁
止問題をもう一度検討するとのことですから、もしかした
ら今後変わるかもしれません。