夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 長男の入社

ブログ

blog

長男の入社

4月1日に私の長男が入社しました。


会社の世襲には賛否両論あるでしょうが、4百年の伝統
を受け継ぐためには息子に継がせないわけにはいきま
せん。昔は企業でなくて家業でしたから、古くから続く家
庭薬メーカーは、ほとんどが同族企業です。
私は薬大を卒業してすぐうちの会社に入りました。社会
のことは何も知らず、社長の息子ということでさぞ周りも
扱いにくかったことだと思います。
入社して最初は研究室に1年間席を置き、その後、営
業部・工場・宣伝部と1年づつ勉強してきました。
一番つらかったのは営業部勤務です。当時は歩きで、
販促物の入った重いバックを持って暑い日も寒い日も雨
の日も、20件近い小売店を訪問していました。
いろいろお叱りを受けたり親切にされたり、それはそれ
で勉強になったと思います。
そんなこともあり、もし息子を入社させるならいろいろと
社会勉強をさせてからと決めていました。
最初の就職は自分で探させ、コンピューターの会社
に1年半勤めました。その後、営業を学ばせるために同
業のメーカーで2年、経理を勉強させるために会計事務
所に3年、ついでにそこの新規事業で1年近くお世話に
なりました。
自分では、業界の中ではまだ若手と思っておりました
が、もう息子が入社する歳になったのか・・・35年前の
自分に照らし合わせると感慨深いものがあります。
私が入社したときは、まだ祖父が会長として現役でし
た。もし父が存命だったらさぞよろこんだと思います。
息子が「第19代当主」となる日はいつでしょう・・