夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 「薬の使い方」あれこれ

ブログ

blog

「薬の使い方」あれこれ

先日、医薬品情報に詳しい先生の講演を聞いてきました。


自ら薬局を経営され、薬の広告規制に係わる委員会などに
所属されている経験から、大変興味深い話が聞けました。
テレビコマーシャルが与える影響は大きく、薬もその限りで
はないようです。
「早めのパブロン」というCMを見て、かぜをひく前に飲んだ
とか、「くしゃみ3回ルル3錠」というCMで「ルルサンジョウ」
という商品名だと思い、買いに来たお客さんもいるとか。
黒い瞳に液が落ちる目薬のCMを見て、目薬は瞳に落とさ
なくてはいけないと思いこんでいた人もいるそうです。
そのぐらいならまだしもです。脇の下にナゾの炎症が増え
皮膚科で話題になっていたそうですが、原因はなんと制汗
スプレー。ガス式スプレーを肌に噴出させると、気化したガ
スが冷たいですが、CMのように一点に長くスプレーしたた
め、脇の下が凍傷になってしまったそうです。
また、最近のCGの技術がすごいため、画面に「これはイメー
ジです」と入っていても(かなり小さいですが)、実際の映像
と思い込んでいる人が多いとか。
医薬品のCMの最後には、必ず2秒間「この医薬品は使用
上の注意をよく読んでお使いください」と入れなくてはいけ
ません。この2秒間の放送料だけで数万円から数十万円
にもなり、すべて企業が負担していますが、講師の先生は、
視聴者がどの程度認識しているだろうかとおっしゃいます。
薬のCMにはさまざまな規制があります。
「よく効く」はいいけど「よーく効く」は強調しすぎでダメとか、
鎮痛剤以外は「早く効く」と言ってはいけないとか。また、
「安心」、「安全」、「副作用がない」とか、「何%の人に効い
た」「私も飲んでいる」などの体験談も使えません。
その規制の中で各社がしのぎを削り、いかに効果がある
かというCMを作るわけですが、最近はテクニックが高度化
して表現が過剰になり、逆にCMを見て購入した消費者か
ら効果がなかったというクレームもあるそうです。
]
しかし、最近の健康食品のCMを見ていると、「これを飲ん
で調子がいい」とか、「何割の方が体感してます」とか、と
ても医薬品では言えないことを言っています。しかも一流
メーカーのCM。特定保健用食品にはある程度の表現が
認められているようですが、医薬品に認められないのに食
品に認めらるというのはなんともおかしな感じです。