夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 秘蔵絵図

ブログ

blog

秘蔵絵図

江戸時代に描かれた宇津家の屋敷絵があります。うちにはその
コピーしかありませんでしたが、今回実物を所蔵している場所が
わかり見に行ってきました。


その絵は、徳川御三家のひとつの一橋(ひとつばし)家が、領地
内にあった宇津家を画家に描かせたものです。当時、宇津家は
一橋家に救命丸を献上していたので、どんな家なのか描かせた
のではないかということです。私が聞いたもう一つの話しは、宇
津家に一橋家とのお見合いの話しがあり、どんな家柄なのか描
かせたというものでした。
その絵は代々一橋家で所蔵されてましたが、30年ほど前にどう
いうツテでかその写真を撮らせていただきました。
それがこれです。昔の写真ですからなんとなくぼんやりしてます。
yasiki-zu%20%20%20%20%20%E5%AE%87%E6%B4%A5%E5%AE%B6%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
今回、その現物が水戸にある茨城県立歴史館に所蔵されている
ことがわかりました。歴史館のホームページにも所蔵資料紹介に
載っており、それによると、昭和59年2月に一橋徳川家12代徳川
宗敬氏からいろいろな資料と一緒に寄贈されたとありました。
どうしてもその実物が見たくなり、できれば写真かコピーをとらせ
てもらいたいと歴史館に電話を入れました。資料担当の先生に
事情を話すと、いつでもどうぞとおっしゃられました。コピーはだめ
だが写真はOKとのことでしたが、資料用に撮ったフィルムがある
ので、申請すれば貸し出しも可能とのこと。これはラッキーです。
水戸まで車で約1時間半。うまくいけば午前中に帰ってこれるか
と思いきや、途中で事故渋滞に巻き込まれ、1時間以上も立ち
往生。それでもなんとかお昼前に歴史館に着きました。担当の先
生にお会いして早速閲覧室で見せていただくことに。
絵は4点あるそうで、他に3点あるのは初耳でした。最初に見せ
られた絵がこれでした。ん?うちにある絵と何か違う。
200910221143001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%83%8B%E3%82%BB%E5%AE%87%E6%B4%A5%E5%AE%B6.jpg
保存の紙には宇津家屋敷図と書いてありましたが、上の写真と
比べてみれば一目瞭然。いまも残っている堀とか長屋門の配置
が全然違います。その事実を伝えると先生も驚いていました。
その次に見せられたのがこの絵です。これです!これに間違い
ありません。
200910221138001%20%20%20%20%20%E5%AE%87%E6%B4%A5%E5%AE%B6%EF%BC%91.jpg
携帯のカメラで撮ったのであまり色は鮮明ではありませんが、実
物はとてもくっきりした色で、細かく描いてありました。
次に見せられたのが遠景。こんな絵があるとは知りませんでした。
中央の森が宇津家で、その手前には薬師堂が描かれています。
遠方の山は、左から日光、塩原、那須連山。でも、手前の武士が
いる丘は実際はここにありません。
200910221140000%20%20%20%E5%AE%87%E6%B4%A5%EF%BC%92.jpg
違う方向から見た遠景図。右手前にある建物は安住神社で、正
月に関東で一番大きなお供えを奉納するので有名です(ブログの
第2回を参照)。
200910221142000%E3%80%80%E3%80%80%E5%AE%87%E6%B4%A5%EF%BC%94.jpg
4枚の写真を見終わり、フイルムをお借りする話を始めたところ、
フィルムは最初の違う屋敷のものしかないとのこと。エ~!です。
とりあえずビデオカメラと古いデジカメは持ってきたのですが、ま
さかそれで撮ることになろうとは。
仕方なく机に乗って撮影開始。閲覧室の中なので、他の人はい
るし先生はすぐそばで見ているし。暑くも無いのに汗がダラダラ。
一応2年前に買ったハイビジョンビデオカメラで写真を撮ったので
すが、絵を押さえて撮れなかったので、変な折のまま。こんなこと
ならちゃんとしたカメラマンを連れてくればよかった(ここに掲載し
た写真はすべて携帯のカメラで撮ったものです)。
写真を修正し、きれいにできたらまたお見せします。
茨城県立歴史館
所蔵資料紹介の「一橋家」をご覧ください
http://www.rekishikan.museum.ibk.ed.jp/08_shozou/hitotubasi.htm