夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 子供手当て

ブログ

blog

子供手当て

民主党が政権を取って2ヶ月、マニフェストに掲げた公約は
どこまで実行されるのでしょうか?


芸能人の薬物事件が一段落し、やっとニュースで政治の話
題が増えてきました。その中で、民主党の数々の公約と、そ
れに必要な史上最大の予算が焦点になってきています。
民主党のマニフェストの中で、国民が一番関心を持ったのは
高速道路の無料化と子供手当ての支給だそうです。
確かに、生活に直結する給付金や無料化などに敏感になる
のは当然でしょう。そういう私もよく高速道路を利用してます
し、少子化対策は気になるところです。
私は常々、少子化対策には住宅の整備と思い切った手当て
の支給が重要と思っていました。それは以前何かのアンケー
トで「子供は複数欲しいが、教育費と子供部屋の確保が難し
いので諦めた」という回答が多かったと聞いたからです。その
点、民主党の子供手当ては、その解決の一助になるのでは
と思いました。
しかし、この子供手当てに反対の人もけっこう多いですね。
子供がいなくて専業主婦の家庭では増税になるし、子供が
欲しくてもできない人にとっては、なんとも納得できないこと
でしょう。また、金を払うから子供をつくれという発想がバカに
していると反発している人もいるようです。
私も、すべての家庭に第一子から一律2万6千円を支給する
のはどうかと思います。結局子供手当てを支給しても、1家
族で1人しか生まないなら、いずれこの社会は破綻します。
であれば、第一子には支給せず(児童手当は残す)、第二子
から5万、第三子には10万ぐらいの思い切った手当てを出さ
なければ子供は増えないと思うのですが。さらに所得制限を
加えれば、もしかしたら5.3兆円もかからず、子供のいない
専業主婦の扶養控除も廃止せずに済むかもです。
私の友人で、いろいろな理由から(すごい理由です)59歳で
小さな子供が2人いるのがいます。その彼が言うには、いま
お金をもらうより、なかなか入れない保育園をなんとかしない
と、子供を何人も育てるのは難しいとのことでした。
また、ほんとにお金が必要なのは、子供が小さい時より大き
くなってからで、子供手当ての支給が打ち切られる15才あ
たりが教育にお金がかかるピークです。いくら高校の授業料
を無料にしても、塾に行く子供は減らないでしょう。それに、
八ッ場ダム のように、政権が変わった途端に給付が打ち切
られることはないのでしょうか?
お金をばらまくよりも、社会のシステム作りをなんとかしない
といけないのでしょうね。
※私には政治的な意図はまったくなく、ただ単純に疑問に
思ったことです。