夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » カーライフ珍事件

ブログ

blog

カーライフ珍事件

過去に車にまつわる出来事を載せましたが、今回は珍事件の特集です。


ワイパー事件
家内が自動車免許を取って初めて1人で運転をした時、突然雨が降って
きました。でもワイパーのスイッチがわかりません。どうしょうかと思ったと
き、ウィンドウォッシャーを出すとワイパーが動くことを思い出したそうです。
家内は30分の道のりを、ウォッシャー液を出し続けて帰りました。当然
ウィンドウォッシャー液は空っぽになりました。
チェーン吹っ飛び事件
今はスタッドレスが主流ですが、タイヤチェーンも装着しやすい便利なも
のができました。むかしは試行錯誤の時代があり、いろんなタイプの
チェーンが発売されました。その中に、鉄の歯が付いた布のベルトをタイ
ヤに腕輪のように4本巻くタイプがありました。取り付けはとっても手軽で
したが、スキー場に着いてみると遠心力で何本かが紛失。後ろの車や歩
行者に当たったら大変でした。
プラスチックのネット状のもありました。これも金属の歯が着いていたの
ですが、材質が悪く、しばらく走るとすぐに磨耗。坂道を登れず宿の人に
迎えに来てもらったこともありました。いい加減な時代です。
ちなみに、この頃前輪駆動が出始めたのですが、冬に後輪にチェーンを
履かせる人が続出したそうです。
車行方不明事件
広い駐車場や見通しの悪い駐車場で、自分の車がわからなくなったこ
とありませんか?広い駐車場の代表がディズニーランド。扇状になって
いるので、番号を覚えてないとホントに大変。私の友達は、自転車を借
りて探したそうです。私も同じ経験をしましたが、当時私の車にはリモコ
ンキーを押すとライトが点滅してホーンが鳴るという便利な機能が付い
ていて事なきを得ました。
見通しの悪いのは地下駐車場。サンシャインビルの駐車場は細かく壁
で区切られているので見透せず、さらにいくつものゾーンにわかれてる
ので、番号以外に記号を覚えてないと大変なことになります(経験済み)。
あとあるのは勘違い。エレベーターが駐車場のまん中にあるときなど、
帰りに反対側に出てしまい、「車が無い!」とあわてたこともありました。
また、あるホテルの駐車場は壁で仕切られていて、ドアを抜けてエレ
ベーターに乗ったのですが、帰りにそのことをすっかり忘れ大変なこと
に。酔った某社長を連れ、駐車場内をグルグル探しまわり、他の階まで
行って探しても見つかりません。最後は管理人さんに見つけてもらいま
した。