夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 子育て狂想曲

ブログ

blog

子育て狂想曲

三人の子供もみな30前後になり、最近は家内と子供が小さかった
ころの話をよくするようになりました。


男の子3人でしたが、私の両親、祖父母と3世帯同居だったので、子
供の面倒をみてもらう人にはことかかず、家内が言うには子育ては比
較的楽だったそうです。
いまのように核家族だと、病気のこと、育児のことで悩んでノイローゼ
になってしまうお母さんもいらっしゃるようですが、何しろうちには子育
てのベテランが2人もいたわけですから、うちの場合は親との同居で
よかったと思っています。また、3人とも二つ違いで産み終えたので、
まとめて育てられたというのもあるでしょう。
前置きが長くなりましたが、子供に人権侵害で訴えられると困るので、
誰かは特定せずにお話します。
(幼少期)
失踪事件
やはり一番記憶に残っているのは、子供の失踪事件です(ブログ 
2008.02.23 次男失踪事件 参照)。数時間のことでしたが、そのショ
ックは大変でした。いまは半年間帰って来なくても平気ですが。
転落事件
なかなか歩かなかった息子は、歩行器の操縦?が上達。上手に足で
蹴ってスーイスーイと家の中を走ってました。田舎に連れて行ったとき、
廊下から勢いあまって庭に転落。鼻をすりむきました。風呂場で転んで
頭を打ったときも心配しましたが、けっこう子供は丈夫です。
葬儀社同乗事件
私の祖父が90歳で亡くなり、その葬儀の日。大勢の親戚が集まって
子供たちも興奮気味。1人がガラスにぶつかって頭を切り、大騒ぎに。
まもなく葬儀も始まるので困っていると、葬儀屋さんが車で病院に連
れて行ってくれることになりました。しかも、外科が休診で産婦人科で
縫ってもらいました。
師弟逆転事件
1人はとってもひいおばあちゃん子で、いつも面倒をみてもらっていま
した。字を覚えさせようと壁にひらがなを書いた紙を貼り、棒で指して
読みを教えていました。おかげで読めるようになったのですが、ある
日家内がひいおばあちゃんの部屋に見に行くと、師弟の関係は逆転
し、子供が字を指してひいおばあちゃんが答えていました。
サンプル偽装事件
家族で食事に行ったとき、料理が出てきたら、いつもボーっとしている
子が急にぐずりだしました。理由を聞くと「外のと違う」と言います。よ
く見るとサンプルのデザートのフルーツがちょっと違います。この子は
バカじゃない!と親ばかは思いました。また、他の二人はおもちゃの
付いたお子様ランチを頼むのですが、この子だけは普通の料理。いわ
く、「おもちゃなんておばあちゃんに買ってもらえる」。頭がいいというよ
りガメツイだけでした。
全裸疾走事件
幼稚園の長男が数人の友達を連れてきた時のこと。一緒に遊んでい
た弟が突然素っ裸になり、庭に飛び出しました。ビックリした家内が捕
まえてどうしたのか聞きくと、「だって子供たちが喜ぶから・・」。まだ2
歳だというのに身体を張って笑いを取るとは。
号泣事件
上二人の幼稚園の運動会に三番目を連れて行きました。途中で私が
その子を連れて帰ることになったのですが、泣き虫だった三男はママ
がいないとバスの中で大泣き。何を言っても泣き止まず、狭い車内で
他のお客さんから白い目で見られ、本当に困りました。あのとき救命
丸を持ってれば・・
(幼稚園時代)
入園拒否事件
ひとりは幼稚園になかなか慣れず、毎日入り口で入らずにぐずって、
家内は毎日針のムシロでした。徐々に先生が迎えに来ると一緒に入
るようになり、そのうち「遅かったじゃないか!」と先生にえばり出しま
した。まったく・・・
明回答事件
違う子が初めて幼稚園に行った日、迎えに行った家内が「幼稚園どう
だった?」と聞くと、「混んでた」と一言。この子は笑いのセンスがある
と感心することしきりでした。
爆弾事件
幼稚園の参観日に行くと、壁に夏休みの思い出の絵が飾ってありまし
た。みんな田舎の絵とか旅行に行った絵が描いていましたが、わが子
の絵を見ると・・・ばっ・爆弾? 夏休みの思い出が爆弾・・・絶句。
近眼事件
ひとりはこの頃から本が好きで朝から晩まで本を読んでいました。将
来は学者になるのではと思っていましたが、なったのは立派など近眼。
幼稚園からメガネをかけるようになり、家内は本気で泣いていました。
海がめ事件
ある日、部屋の隅で3人がうずくまってうなっていました。具合が悪い
のかと思いどうしたと聞くと、「海がめが卵を産んでいるところ」だと。
ほほえましい姿でしたが、いまは3人とも憎たらしい。
(小学生時代)
誘拐未遂事件
ある日、2年生の息子の担任の先生に言われました。「車でバス停の
前を通りかかったら、○○君(息子)たちがいたので、乗せていってあ
げると言ったら、けっこうですと断られましたよ」と。
あとで息子に聞くと、真顔で「だって誘拐されるかもしれないじゃないか」。
とても先生に理由は言えませんでした。
早退事件
先生と面談したとき、『○○君には驚きました。突然授業中に「具合が悪
いから帰ります」と言ってランドセルを背負って帰っちゃったんですよ。
追っかけてって保健室に連れていきましたが」。
家内と2人で「スイマセーン・・・」。
知能犯事件
このころから忘れ物とかの注意が必要になります。
忘れ物が多かった息子は、ある日ついにランドセルを忘れて学校に行
きました。それとは対照的な別の子は、ちょっと神経質で前の晩に何度
もランドセルから中身を出したり入れたりしてチェック。結局それで入れ
忘れてしまうのです。そして気づくと途中で帰ってきてしまい、遅刻して
行くと言います。何でと聞くと「忘れ物をすると怒られるけれど、具合が
悪かったと言って遅刻すれば怒られない」とのこと。このころから悪知
恵も付いてきました。
思い出せば私もよく忘れ物をして、母親に片道50分かけて持ってきて
もらったことが何度かありました。最近また物忘れが多くなってきました
が・・・
証拠発覚事件
小学校の時は土曜日も休みでしたが、長男が中学に入ると休みは日
曜だけ。ある土曜日に、次男・三男を連れて多摩テックに行くことにし。
しかし当日の朝、長男がお腹が痛いから学校を休むと言い出します。
ここで中止にするのが普通の親ですが、私も是非多摩テックに行きた
かったので長男を無理やり追い出しました。まあ、お腹はたいしたこと
なかったようですが、我々も遊びに行った事は秘密にしていました。
数ヵ月後、そんなことも忘れ、何の気なしに置いておいた写真を長男
が発見。多摩テックにいつ行ったのかと怒って日にちを見れば、自分
が追い出された日。怒りは数倍になりました。子供をなめてはいけま
せん。
いろいろありましたが、いま思うとあっという間の出来事でした。
最近の日々の話はもっぱら愛犬のことです。「きょうモルとリリはどうし
ていた?」と。