夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 大谷観音と大谷石採掘場跡

ブログ

blog

大谷観音と大谷石採掘場跡

先週末に栃木でゴルフがあり、その帰りに大谷石の採掘跡を見
学に行きました。


ずいぶんむかしに行った覚えがありますが、あれからだいぶ道路
事情も変わりました。新しい行き方があるだろうとナビまかせで行
くと、どんどん畑の中の道を進んでいきます。いくら近道とはいえ、
こんな道路の選択はいかがなものか・・・。ちょっと不安になったこ
ろ、大谷観音の門前に出ました。
201005301226000%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E3%80%80%E5%85%A5%E3%82%8A%E5%8F%A3.jpg
寺の名は大谷寺で、天然の洞窟の中にすっぽりと包まれていま
す。810年に弘法大師によって開基され、中には10体の磨崖
仏(自然の崖に彫った仏様)があって国指定の重文特別史跡と
なっているそうです。中でも、弘法大師自ら彫ったといわれる高さ
4mの千手観音(大谷観音)は、磨崖仏では日本最古とのこと。
201005301207002%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E8%A6%B3%E9%9F%B3.jpg
敷地の中庭に池があり、島に大きな白い大蛇の像があり、ご利
益があるとみんななでてました。
201005301221000%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%93%E5%BA%AD.jpg
次に、近くにある平和観音を見に行きました。太平洋戦争の戦
死者を悼み、昭和23年から6年かけて、大谷石採石場跡の壁
面に手彫りで彫られたそうです。私はてっきりこれが大谷観音
だと思ってました。間違える人は多いでしょうね。ちなみに、さ
きほどの大谷寺との関係はないそうです。
201005301228000%20%20%20%20%20%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%93.jpg
ここから車に乗って、ちょっと離れた大谷資料館へ。ここには大谷
石採掘にまつわる昔の道具や採掘方法などが展示してあり、採
掘場跡に入る入り口にもなっています。
201005301239000%20%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8.jpg
昔の手掘りの道具
201005301243000%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%80%80%E9%81%93%E5%85%B7.jpg
大谷石というのは軽石凝灰岩の一種で、この大谷町付近一帯で
採掘されることから付いた名前です。柔らかく加工がしやすいこと
から、古くから外壁や土蔵などの建材として使用され、昔の帝国
ホテルにも使用されていました。実家のお墓の基礎にも使ってい
ますが、長く風雨にさらされるともろくなってしまいます。
昔は露天掘りだったそうですが、近代機械化されてからは地下か
ら採掘され、その採掘跡の広さは2万平方メートル、深さは30m
にもおよぶそうです。20年ほど前、この地方で直径100mの巨
大な地盤沈下がありましたが、無計画に石を掘り過ぎ、実際の空
洞の実態はつかめていないと言っていた事を思い出します。
わかっているだけでこれだけの空洞があるそうです。自分の家の
地下が空洞だと知ったらいい気持ちはしませんね。
201005301244000%20%20%20%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%80%80%E5%9C%B0%E5%9B%B3.jpg
実際に入ってみると、その巨大な空間に圧倒されます。気温は
通年7度で、今ごろだと寒いぐらいです。戦争中は、ここで戦闘
機の組立てもしていたとのことで、現在はコンサートや展覧会な
どが行われているそうです。
誰かの展覧会をやってました。
201005301256000%20%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%80%80%E3%80%80%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A.jpg
百聞は一見にしかず。実際に見ないと写真ではそのすごさはわ
かりません。しかし、呆れるほどよくもこれだけ石を切り出したと
思います。
201005301247001%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%80%80%E6%A7%8B%E5%86%85.jpg
201005301252001%20%20%20%20%20%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E3%80%80%E6%A7%8B%E5%86%85%E3%80%80%E3%80%80%E6%A8%AA.jpg
見学が終わるとちょうどお昼時。近くにおそば屋さんでもないか
と係りの人に聞くと、親切にも地図で教えてくれ「ここならイモム
シも食べられます。」と言いました。えっ?イモムシ?あまりに
サラッと言うので聞き返すこともしませんでしたが、友人も確か
にそう聞いたとのこと。ここら辺ではイモムシを食べるんだ・・・
地方地方でいろんな習慣がありますから。いや、もしかしたゲテ
モノを食べさせるそば屋か?
でも、ものは試しとそのそば屋に行くことにしました。店構えは
普通のそば屋。中に入っても、そんな変なものを食べさすような
感じはありません。普通にそばを注文して食べていると、他の
お客さんが何かを買って帰ります。もしや、これが・・・?
お店の人に中身を聞くと「当店名物のイモグシ(イモ串)です」。
な~んだ。ただの聞き違いです。サトイモの味噌田楽で、食べ
たら美味しかったので、みんなお土産に買って帰りました。
201005301846000%20%20%20%20%20%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%90%E3%81%97.jpg