夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 第36回スキー同窓会

ブログ

blog

第36回スキー同窓会

週末、友人たちと年に一回のスキーに行ってきました。


大学卒業以来36年続いている恒例で、スキー場もホテルも日程
もメンバーも同じ。なので、今回ブログに載せようと途中まで書い
たのですが、去年のを読み返したら内容がほとんど同じ。ちょっと
は違ったことを書かないと・・・ブログ書くのも大変です。
去年と違ったといえばウェアーのウエストサイズ。5年以上も着て
いるので、年々ウエストはきつくなるばかり。横の調節用スリット
はすでに全開状態で、さらに今年はしゃがむとパチ・パチ・パチ
っとどこかのホックが3箇所ほどはずれるようになりました。
いつもメンバーのT君はドジをして笑わせてくれます。一番の傑作
は、以前ゴーグルと間違って水中メガネを買ってきたことと、予約
したホテルの名前を忘れてしまったこと(2008/2/8参照)。
今年は行く前からやってくれました。出発前に用があって電話を
したら、なぜかビックリしてます。彼は来週と勘違いしてました。
もし私が電話をしなかったら、彼はスキーに行けなかったのです。
その言い訳が、去年のカレンダーに予定を書き込んで捨ててしま
ったとのこと。まるでサザエさんのマンガのような話です。
東京組2人は金曜の夕方に新幹線で佐久平駅まで行き、長野の
友人と合流。T君は例年仕事の都合で土曜の夜から参加です。
ホテルに着くと軽く酒盛りをして早めに就寝。翌朝、年寄りの目
覚めは早く、6時前から起きている男もいます。今日の天気予報
は曇りのち雪。気温はマイナス8度。どんよりした空にテンション
もイマイチです。せっかく買ってきた日焼け止めも無駄に・・・
でも今回は寒さ対策バッチリ。お尻と背中にホカロンを貼り、スキー
靴の中にも発熱する中敷きを入れました。帽子をかぶって顔には
フェースマスク・耳には息子に借りたイャーパット。さらに今回の新
兵器は、家内に作ってもらったメガネウォーマー。去年、吹雪の中
で金属製のメガネのツルが凍てつき、頭が痛くなったからです。
これなら南極でも行けそう。
自家製メガネウォーマー。還暦近くなると見た目なんて気にしない。
201001281100000%20%20%20%E3%82%81%E3%81%8C%E3%81%AD.jpg
しかし天気予報は大はずれ。ゲレンデに出てひとすべりしている
と、空がだんだん明るくなり、日差しがさしてきました。
しまった!日焼け止めを・・・
気温も上がって暑くなってきました。でもホカロンが取れない。
今年は雪も多く、コンディションは85点。
突然の青空
201001240938001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%AA%81%E7%84%B6%E9%9D%92%E7%A9%BA.jpg
どんどん晴れていく・・・
201001231045001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E9%9D%92%E7%A9%BA%EF%BC%92.jpg
こんなに晴れるとは・・・
201001230937000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E9%9D%92%E7%A9%BA%EF%BC%93.jpg
ひ・ひ・日焼けが・・・
201001231323000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E9%9D%92%E7%A9%BA%E3%80%80%EF%BC%93.jpg
去年もゲレンデが空いていると思ってましたが、今年はもっとガラ
ガラ。ゲレンデによってはリフトも含め、人っ子一人いないときがあ
るくらいです。そういえば、昨夜来る途中にあった大型ホテルも、
電気のついている部屋は一割ほどでした。
201001240937000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%82%B2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%80%80%E6%A8%AA.jpg
年々体力が衰えて、休む時間が多くなってきます。9時に滑り始
めて11時にはもう昼食タイム。しかし考えてみると、むかしのリフ
トは一人乗りでスピードも遅く、順番待ちの長い列ができて乗るの
に20~30分、正月などは1時間もかかりました。いまは4人乗
り高速リフトができ、しかもスキー人口が減っているのでいつでも
すぐに乗れます。なので滑っている回数はむかしより多いはず。
まあ疲れて当然です。
お昼は定番のカレー。この味でこの値段 ??? 標高1500Mじゃ
しょうがないか。
201001231121000%E3%80%80%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC.jpg
今回は天気もよかったことから、最終ロープウエイぎりぎりまで滑
っていました(最終に乗り遅れるとホテルに帰れません)。
部屋に帰って靴を脱ぎ、締め付けられた足が開放される感覚がた
まりません。さらに、サウナで凍てついた身体を暖めるのが至福
のとき。しかし、このあと老体に鞭打ったツケがきて、全身筋肉痛
で足はガクガク。でも、そこはみんな薬剤師。最新のシップ薬を持
ってきています。
夕方仕事を終えたT君が来ました。いつものとおり、食事前・食事
中・食事後と酒盛りが続きます。医者の不養生、ならぬ薬剤師の
不養生。翌日、筋肉痛も収まり体調は万全。最近のシップ薬はよ
く効きます。
天気は快晴。滑りも順調。
201001230937001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E7%B5%B6%E6%99%AF.jpg
ふとT君の足元を見るとなんかスタイルが変。ふつうスキーズボン
は靴に雪が入らないように靴の上からスソをかぶせますが、彼は
靴の中にスソをたくし込んでいる !? しかも、靴のバックルが2つ
外れています。これは危険なので彼に注意。
すると、こどもに最新のスキー靴を借りてきたら、バックルの調節
がわからず締められないとのこと。CMじゃないけど「事前のチェッ
クを忘れずに」です。ほんとにもう。
今日は夕方の新幹線で帰ります。ゲレンデに出る前にホテルを
チェックアウトしているので、昼ごろまでゆっくり滑れました。
今年も捻挫や骨折もなく、無事に終わることができました。
第40回も第50回もできるといいですが・・・