夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » め・目・眼

ブログ

blog

め・目・眼

半年ごとの目の定期健診をすっかり忘れ、3ヵ月遅れで眼科
に行ってきました。


以前白内障の手術をし(2008/3/13 老人の病 参照)、網膜
はく離のけがあるので、定期的に検診に行っています。
通っているのは御茶ノ水の井上眼科病院で、日本でも屈指の
眼科といわれています。でも、そこに決めたのは、会社から歩
いて5分の距離だから。
以前は予約ができなかったので、3時間以上待つのはあたり
まえ。待合室には人があふれかえっていました。特に私の担
当医は院長先生だったので人気 ? が高く、大変でした。
現在は規模を相当拡大し、予約もできるようになりましたが、
それでも広ーい待合室は患者さんでぎっしりです。
いつも朝一で予約を入れるとあまり待たずに(といっても40分
は待ちますが)終わるのですが、今回なるべく早い日と予約を
入れたので、午後の3時からになってしまいました。予約時
間が遅いと患者さんが押せ押せになって、たぶん相当待たさ
れるでしょう。久しぶりにいやな予感。
きっちり3時に行って受付を済ませると、ほどなく名前を呼ば
れて検眼室へ。視力に異常がないことがわかり、待合室で診
察の順番を待ちます。ここまではいい調子。
ところが、受診の番号をテレビで見ると、なんとまだ1時の予
約の患者さんが5人も残っています。2時台が12人で3時台
の人が私の前に5人。合わせて22人。気の遠くなるような人
数です。
しかし、1時間に12人って・・・1人5分 ? それじゃあどんどん
遅れていくわけです。本を読んでも居眠りしても長い長い。
けっきょく3時間待って、診察は5分で終わりました。次回は
忘れずに朝一で予約しなくては。
目といえば、息子が近眼のレーシック手術を受けました。
小さなころから本好きで、すでに幼稚園の時にメガネをしてま
した。メガネが必要と言われたとき、家内は泣いてました。
視力は裸眼で0.04で、メガネは圧縮レンズでもかなりの厚
さ。メガネを外すと何も見えないそうで、何かの拍子にメガネ
が壊れたらといつも不安だったそうです。レーシックの歴史は
まだ浅いし、家系的にも目は丈夫でないので心配でしたが、
本人の強い希望で手術を受けました。
まだはっきりは見えないようですが、これで彼の人生も変わる
でしょう。これも医学の発達のおかげです。