夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 1900年祭

ブログ

blog

1900年祭

1900年祭といってもピンとこないでしょうが、ある神社が祭られ
て今年で1900年目になるそうです。


その神社は上野にある五條天神で、薬の神様である大国主命
(おおくにのぬしのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)が
祭られています。
201003261702000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E4%BA%94%E6%A2%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%80%80%E3%80%80%E9%B3%A5%E5%B1%85.jpg
むかし、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東北遠征のおり、
上野忍が丘を通ったさいに2人(?)の神が現れ、難を救われた
そうです。それを感謝して祭られたのが五條天神の初めてで、
そのときから1900年目なのだそうです。
大国主命(おおくにのぬしのみこと)は『因幡の白うさぎ』の話で
有名です。皮をむかれて浜辺で泣いていた兎に「真水で体を洗
って蒲のほわた(花粉)にくるまって寝ていなさい」と教えたそう
で、日本で行われた初めての医療といわれています。
必然的に、この神社と医薬品業界の結びつきは強く、薬の神
様の祭典をつかさどる薬祖神奉賛会という組織の会合が先週
末の金曜日に行われました。すでに上野の山は桜が咲き始め、
沢山の人出がありましたが、まだ寒いうえに突然の雨。まさに
花冷えでした。
201003261703000%20%20%20%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E6%A1%9C.jpg
社務所で行われた役員会終了後、全員で拝殿にあがり、祈祷
とお祓いを受けました。以前にもかきましたが、この立派な拝
殿の天井には沢山の薬草の絵が描かれ、きれいに保存されて
います。
宇津家の薬師堂にも同様の絵がありますが(HP 400年の歴
史参照)、とにかく保存するには多額の費用がかかります。
今回1900年祭の寄付をつのっていましたが、うちも400年祭
をして寄付をつのりたい・・・
201003261701001%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E4%BA%94%E6%A2%9D%E7%A5%9E%E7%A4%BE.jpg
五條神社ホームページ
http://gojyoutj.hp.infoseek.co.jp/