夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 愛犬の憂うつ

ブログ

blog

愛犬の憂うつ

愛犬二匹が生まれてもう10年がたちました。


愛犬モルとリリは、人間でいうと58歳ぐらいになるそうです。
あっという間に私と同じ年になり、来年には年上になっちゃいま
す。かわいくていつも抱きしめて頬ずりしていますが、58歳か
と思うと微妙。でも、いくつになっても若い !(飼い主の欲目)
まるでシェルティー界のキムタクと黒木瞳です。
この10年の間、モルはガンになった睾丸の摘出手術をし、リリ
はおできの手術をしましたが、まあ、健康だった方でしょう。
そのモル・リリも年には勝てず、最近続けて病気が発覚しまし
た。
最初はモルで、よくゲッゲッと咳き込むようになりました。
家内は「毛玉でも吐いてるんでしょ」とあまり気にしていない様
子でしたが、ガンになったことだし、とりあえず動物病院に連れ
て行くことに。動物は病気になると保険がきかないので大変。
子供同様に思っている飼い主にとっては、高額な医療費でも
出さざるをえません。最近診てもらっているのは友人に紹介し
てもらった病院。ちょっと遠いのですが、よく診てくれて診察代
も良心的です。
レントゲンやエコーで診てもらうと、僧帽弁閉不全による心臓肥
大とわかり、一生薬を飲み続けることになるそうです。
私のおかげで九死に一生を得たモルは、命の恩人と思ったの
か、それ以来私にまとわり付いて甘えるようになりました。
その半月後、こんどはリリの動きが鈍くなりました。何よりも異
常だと感じたのは、ピラニアのように食べものに喰いつくリリが
餌を食べないこと。救急車を呼ぶぐらいの重大事件です。
すぐに車に飛び乗って病院に急行・・と思ったら、車のバッテリー
が上がって大パニック。あとで家内が言うには、このときの私
は鬼気迫っていて、家族の誰が病気になった時よりも機敏だ
ったそうです。
201003240742000%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%82%8A%E3%82%8A%E7%97%85%E6%B0%97.jpg
またまたていねいに診察を受けると、病名は胆肝炎。異常なコ
レステロール値でした。こっちは薬で治ると聞いて一安心。
リリは、背中の小さなコブを押すと脂肪が出てくるぐらいの脂肪
体質です。これをモルがなめたがり、まるでアブラムシとアリの
よう。
        
家に帰ってもだるいのか、床に座っている私の又の間に入って
きて、足を枕に寝てました。こんなことは初めてです。
薬のせいでだんだん回復してきましたが、リリの受難はまだ続
きます。
100404_0823~0001%20%20%20%20%20%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%80%80%E3%80%80%E3%81%BE%E3%81%9F.jpg
あるときから、下半身をなめていることが多くなりました。よく生
理になるとなめているのですが、それにしてもちょっと異常。
ある日家内が散歩に連れて行ったとき、沢山分泌物が出ました。
雌の犬に多いのは子宮ガン。ビックリした家内は、車にリリを乗
せて病院へ。病院には駐車場がなく、行きなれない所へは絶
対車で行かない家内ですが、この時は何も考えなかったそうで
す。母は強し。
今度の診断は膣炎。ハァ~。しかし、翌週も病院に連れて行くと、
今度は待合室でお乳がポタポタ。新たに乳腺炎の病名が追加
となりました。でもまあ、たいした病気でなくてよかった。
彼女の闘病生活は元気に続いています。
二匹相部屋で闘病中
201002012306000%20%20%20%20%20%20%20%E7%9B%B8%E9%83%A8%E5%B1%8B.jpg
動物はしゃべれないので、飼い主が具合を読み取ってあげなく
てはなりません。一緒にすると怒られるかもしれませんが、赤ち
ゃんもそうです。愛犬の具合がおかしくなっても心配なのですか
ら、血のつながった実の子であればなおさらのはず。まして幼
児の虐待なんて・・・
最近また子供の虐待が増えてきました。どんな事情があるの
かわかりませんが、私には信じられません。