夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » にわかにわ師 苦悩編

ブログ

blog

にわかにわ師 苦悩編

趣味の延長で始めた「にわか庭師」ですが、初めてのことばかりでいろ
いろな苦労や失敗があります。


園芸用機械はエンジン式が多く、電気式のように手軽には使えません。
また、スイッチを入れればエンジンがかかるというわけでもなく、スターター
の紐を引っぱってかけるので、なかなかエンジンかからないと汗だく。
作業が始まる前に体力を消耗してしまいます。その上燃料やオイルを
使うので、手は油まみれ。特に使用歴20年の古い草刈り器には手を
焼きましたが、私もとんだ失敗をしました。
経歴20年のベテラン。調子がよければよく動きます。
%E8%8D%89%E5%88%88%E3%82%8A%E5%99%A8%E3%80%80%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88.jpg
初めてこの機械を使う時、事前に電話で工場の詳しい人に操作と燃料
の作り方を教えてもらいました。指定燃料はガソリンとオイルが25:1の
市販品ですが、地元の人は自分で調合する50:1がいいと言うのです。
実家に行って草刈り器を作動させると、工場の人が整備していてくれた
おかげで快調に作動。薬師堂の周りの雑草がきれいに刈れたころ、燃
料が無くなってきました。え~っと燃料は・・・どうするんだっけ?
電話で聞いた作り方を思い出しながら機械置場に行くと、そこには50:1
と書いてある容器がありました。「なーんだ市販品があるんじゃないか」。
なんの疑いもなく、その液体を草刈り器のタンクに入れました。すると、
あんなに快調だったエンジンがかかりません。何度紐を引っ張ってもか
からずギブアップ。仕方なく草刈りは諦め、他の仕事をして帰りました。
後日電話で工場の人にその話をすると、彼が操作してもまったく動か
ないとのこと。そこで修理に出してくれることになりました。あとでその
結果を聞いて驚きました。燃料タンクにオイルが入っていたと言うので
す。「50:1と書いてあった燃料を入れたのに…」と言うと、「それは50:1
用のオイルです。」といわれました。そうだ!確か電話でそう聞いてた!
50:1の燃料どころか、オイル100%を入れてしまったのです。これじゃ
動くはずがありません。「分解掃除は高いですよ」と言われてガックリ。
でも、修理代は500円で済みました。よかったー。
左が50:1用のオイル、右が25:1の燃料。まぎらわしい。
%E7%87%83%E6%96%99.jpg
草刈機でも失敗しました。やはり電話で使い方を教わりましたが、これ
もエンジンがかからず大騒ぎ。結局燃料コックが閉まったままでした。
やはり電話で聞いただけではだめです。その後何度か機械のトラブル
があり、そのたびに工場の人にお世話になりました。いまは社長の道
楽と言われないように、日々がんばってます。
次はめげた話。
家内と、薬師堂の垣根を電動式カッター(バリカンのお化け)で平にカット
しました。炎天下で足場は悪いし悪戦苦闘。その上、前回書いたとおり
3回もコードをちょん切ってしまいました。ヘトヘトになってやっと終わると、
まあまあの出来栄え。そこへ以前庭の手入れをお願いしてた方が通り
かかりました。自慢げに腕前を見せると「こんなんじゃダメ、もっと短く刈
らないと」と言われてガックリ。次の機会の課題としました。
最近家内は除草剤担当。重いタンクを背負って薬を撒いています。雑草
は少しぐらい除草剤がかかっても枯れないので、しつこいくらいに除草
剤を撒いていました。ところがあとで、「岩場の間の龍の髭(草の名前)
は、土留めの役割をしているから枯らしちゃだめですよ。」と言われまし
た。家内は特にそこに念入りに除草剤をかけていたのです。その日は、
今年一番にへこんでました。
家内の災難
薬師堂の敷地で、家内が切った木を集めてました。ちょうどお地蔵様の
前に来たとき、木の枝の間からヘビが!悲鳴を上げて起き上がった家内
は、お地蔵様の屋根に頭を激突。頭から血を流しました。
じつはこのヘビは死んでました。家内が殺した??
201006120848000%20%20%20%E3%83%98%E3%83%93.jpg
もう一つ家内が血染めになった話。除草剤のタンクが重いので、私に背
負わせてくれと頼みました。何の気なしに背負わせると、家内が「痛い!」
と叫びました。気づくと私は木バサミを持ったままで、それで家内の背中
をグサリ・・・という程ではありませんが、血が出たと大騒ぎしてました。
殺意はありません。ほんとです。
押収された凶器。祖父の遺品です。
201006131718000%20%20%20%E3%83%8F%E3%82%B5%E3%83%9F.jpg
というわけで、最近の余暇はもっぱら庭の手入れです。2人の会話も、次
はあそこの草を刈ろうとか、今度はこっちの木を切ろうとか。車で走ってい
ても、気になるのは空き地の雑草や伸び放題の雑木林など。ついに家内
は、新聞のチラシで服のバーゲンより芝刈り機の値段が気になる始末。
まあ、あまり無理せず、趣味の範囲でゆっくりやりましょう。