夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 家庭薬の結束とかまぼこ

ブログ

blog

家庭薬の結束とかまぼこ

先日箱根で、年一回の家庭薬組合の理事会と懇親会がありました。


懇親会は父の代からの恒例で、もう何十年も続いています。
家庭薬組合のいいところは、バッテイングする商品が少ないためか、
メーカー同士の仲がよいことです。「いまの時代甘い!」という批判も
聞かれますが、他の団体には無い強い結束力があります。
それが、先日ある薬局チェーンで行った共同販促であったり、例年9
月に行う新宿西口の啓蒙イベントだったりで、それなりの成果をあげ
ています。
以前は、懇親会を鬼怒川や伊豆、熱海などいろいろな所でやってい
ましたが、ここ十年近く箱根湯本の同じ旅館でやっています。という
のは、この旅館はあるメーカーの社長の奥様のご実家で、広い二間
続きの部屋に二人とか、食事を豪華にしてくれたりとか、予算以上に
サービスをしてもらえるからです。
湯本駅が新しくなっていてビックリ。きれいになりました。
%E6%B9%AF%E6%9C%AC%E9%A7%85.jpg
懇親会の前の理事会では、流通問題で議論が白熱。最近の流通は
複雑になり、問題山積となっています。時間オーバーとなり、この会
議室が他の団体の宴会場になるということで閉会となりました。
今回、ある社長と親交を深めることができ、いろいろなコラボができそ
うです。だけど酒の席のことだったので、翌日の朝確認することに。
シラフの人間は、基本的に酔っ払いを信用していません。でもちゃん
と覚えていてくれました。よかった!
ところで、例年この会にはお土産がつきます。かまぼこの4本セットと
、旅館からいただく梅干。ところが、このかまぼこが重い。しかも、賞
味期限が2週間ぐらいで、とても食べきれるものではありません。い
つも私は電車で帰るので、この暑い時期にスーツを着て、重いかまぼ
こと梅干を持って、汗をかきながらフラフラ帰ります。
そこで、今年はお土産にかまぼこはやめようと事務局に申し入れまし
た。ところが当日、お土産はかまぼこ2本と大きな金目鯛の干物が二
枚。聞くとこれしか用意できなかったとのことでした。干物といっても、
一夜干しだからけっこう重く、かえってガサが増えて持ちにくい。結局
今年も、重いお土産を持って汗をかきながら帰りました。来年はお土
産を全廃させるぞー。
写真を撮る前に、かまぼこと金目を一つづつ食べちゃいました。
%E9%87%91%E7%9B%AE%E3%81%9F%E3%81%84.jpg
「ロマンスカー」というレトロな名前がいいですね。
%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC.jpg