夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 家庭薬ってごぞんじですか?

ブログ

blog

家庭薬ってごぞんじですか?

今日は家庭薬メーカーと卸の合同新年会がありました。
家庭薬という名前は年配の方はご存知だと思いますが、最近の若い
方々には耳慣れないかもしれません。


医薬品メーカーには大きく別けて、医師が処方する医療用医薬品と、
薬局やドラックストアーで買える一般薬があります。その一般薬の中で、
長い歴史があって多くの使用経験がある薬(配置薬を除く)を俗称で
「家庭薬」と呼んでいます。
現存しているメーカーで創業が最も古いのが当社の慶長2年(1597年)で、
二番目が養命酒の慶長7年(1602年)、3番目が当社の永遠のライバル!
樋屋製薬の元和8年(1622年)となっています。
東京と大阪の家庭薬組合(全国家庭薬協議会)に加盟しているメーカーは
104社ありますが、全国にはまだまだ沢山の家庭薬があります。中には
古い歴史と伝統ある製品を持ちながら、いつしか消えてしまったメーカーも
ありました。
最近は家庭薬という認識がだんだん薄れつつあり、その他のメーカーとの
区別がわからなくなってきているようです。
伝統ある商品を残していくために、もっともっとアピールしていかなくては
ならないですね。
全国家庭薬協議会
http://www.hmaj.com/