夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » そばの迷店

ブログ

blog

そばの迷店

前回、そばの話を書いていたらそばが食べた
くなり、まつやさんにいってざるそばを食べて
きました。美味しかったです。
で、今回はそばの迷店の話です。


私は、そばほど味の優劣がはっきりわかるもの
はないと思っています。特にざるそばは味のごま
かしが効きません。麺の歯ごたえとツユだけで
美味しさが決まります。
ある観光地でお昼を食べようということになり、
「流水手打そば」と書いたのぼりの立っている
そば屋さんに入ることにしました。
湖が見えていい感じなのに、お客さんはガラガラ。
嫌な予感がしながらもざるそばを注文すると、
ほんの数分で持ってきました。
食べてみると、麺はまったくコシがなく、ツユは
風味も何もなく食べれたものではありません。
半分も食べれずにギブアップでした。
トイレに行く時に調理場が見えたのですが、
驚いたことにビニール袋に入っているそばを
水道水にさらしてざるに盛っているだけでした。
流水って水道水のこと?
長野県の観光地を行くと、街道沿いにそば屋さん
が並んでいます。「長野県=そば」というイメージ
から、その中のきれいなそば屋さんに入って食べ
たのですが、こんどはぼそぼそでのどを通りません
でした。
地元のタクシーの運転手さんに聞くと、きれいな
そば屋さんでも、県外の車しか止まっていない所
は美味しくない。逆に小さな店でも、県内の車や
タクシーが止まっているところは美味しいとアドバイス
されました。
後日、そのそば屋さんの前を通った時に駐車場
の車のナンバーを見たら、見事にすべて県外の
車ばかりでした。
最近は、初めて入るそば屋さんではとりあえず
かけそば(温かいそば)を頼むことにしています。
もし美味しくなかった時でも、温かいそばなら
なんとか食べれるからです。
でも、期待しないで入ったそば屋さんのそばが
美味しかった時は、何か新しい発見をしたようで
嬉しくなります。
余談ですが、ツユをつけて食べる冷たいそばの
名称には「もりそば」「ざるそば」「せいろ」とあり、
その違いがよくわかりません。
今はのりがかかっているのが「ざるそば」といわ
れていますが、もともとはその名の通りそばを載
せる容器から呼名から付いたそうで、昔は「ざる
そば」にはざる汁という専用のツユを使っていた
のだそうです。