夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 救命丸看板グラフティ

ブログ

blog

救命丸看板グラフティ

今回は、当社に保存してある救命丸の看板のいろいろをご紹介
します。


むかし薬の看板は取扱店の中に掲げ、広告のためというより取
扱店の証明のようなものでした。薬が貴重品だった時代は、有
名家庭薬を扱えることはお店のステータスだったと聞いてます。
特に金看板は特約店の証明ということで、お店に買っていただ
いてたそうです。
横看板
当社にいまある一番大きな看板で、長さは1m50ほど。
時代は昭和初期のものです。
201012241446000%20%E3%82%88%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%93%E3%80%80.jpg
一番きれいな状態の看板。以前、同じような当社の看板が「なん
でも鑑定団」に登場し、20万円の値がつきましたが、石坂浩二
さんが「売らない方がいい」とおっしゃってました。
201012241447000%20%20%20%E3%82%88%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%93%E3%80%80%EF%BC%91.jpg
これぞまさしく金看板。
201101131558000%20%20%E3%82%88%E3%81%93%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%93.jpg
縦看板
はっきりわかりませんが、うちの持ってる中で一番古い看板かも
しれません。明治後期か大正時代のもの。
201012241504001%20%20%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%8D.jpg
これは金箔ではなく黄色い塗料で書かれたもの。廉価版?
201012241508000%20%20%20%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%8D.jpg
こったつくりで一枚板のようで、重量もかなり重いです。
201012241455000%20%E3%81%9F%E3%81%A6%E3%81%8B%E3%82%93%E3%80%80%EF%BC%93.jpg
他に比べて顔が異色。江戸時代の絵のようです。
201012241500000%20%E3%81%9F%E3%81%A6%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%92.jpg
細い縦看板が主流になってきました。
201012241454000%20%20%20%E3%81%9F%E3%81%A6%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%91.jpg
ここから同じような看板ですが、顔が微妙に違います。ちなみに
女の子のモデルは私の祖母・・・と、本人が言ってました。
201101131558001%20%20%20%E9%87%91%E3%81%8B%E3%82%93%EF%BC%92.jpg
201012241446001%20%20%20%E9%87%91%E3%81%8B%E3%82%93%E3%80%80.jpg
201012241448000%20%20%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%93.jpg
異色のちゃっちい看板。幸薄そうな子供の顔が気になります。
201012241447001%20%20%20%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%8B%E7%89%88.jpg
これはブリキ製。資材の乏しい時代のものか。
201012241449000%20%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%AD.jpg
他にもまだあるのですが、町の歴史資料館に長期出張中ですの
で、また後日にご紹介します。
むかしからある家庭薬でも、古い資料を東京で保管していた会社
は、震災や戦災で燃えってしまったようです。幸い当社は栃木で
保管していたため残すことができました。
いまでも地方の古い薬局などに、太田胃散や龍角散や当社の看
板が飾ってあったりします。古くから薬局をやっていた私の友人の
家にも沢山あったそうですが、家を改築する時に階段の板にして
しまったそうです。絶句。
先日、朝日新聞に当社の記事が載りました。さすが朝日新聞と思
ったのは、消費者の方から取引先、メーカー、親戚、友人、隣人の
方まで反響があったことです。みなさんから当社の歴史の長さに
賞賛をいただきましたが、改めて400年の重みを感じました。