夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 老いの病

ブログ

blog

老いの病

年をとってくるといろいろな病気にかかり、場合によっては長い
付き合いになります。


といっても私の持病は40代からですが、いまでも半年に一度、
眼科と循環器系内科に検査のため通院しています。
眼科は以前手術をした白内障の経過を見るため。白内障は老
人に多く、当時40代だった私は珍しいと言われてました。待合
室の周りはお年寄りばかりで違和感がありましたが、今では
すっかり溶け込んでいます。
私が通っているお茶の水の眼科は、日本屈指の有名病院の
ため、全国から患者さんが診察に来ます。予約ができなかった
昔は、待合室はまるで朝のラッシュのよう。3時間待つのは当
たり前で、4時間待たされたこともありました。
診察が終わった後の支払いも、長蛇の列でかなり待たされま
した。
今はいくつかの建物に分散し、予約もできるようになってだい
ぶ楽になりました。壁にあるモニターに自分の番号が映り、あ
と何人待ちかがわかります。私の主治医はカリスマ院長の御
子息とあって人気?も高いよう。数えたら1時間に12人の予約
が入ってました。
201011050949000%20%20%E4%BA%95%E4%B8%8A.jpg
いくら何でも1人5分では終わらないので、予約時間が遅いと
やっぱり1~2時間は待たされます。私はいつも朝イチで予約
しますが、それでも検査などで50分かかり、診察はほんとに
5分で終わりました。経過は良好とのこと。
支払いは自動機になり、瞬時に終わりました。
高層ビルに入っているので景色はバツグン
201011050950000%20%20%20%E6%99%AF%E8%89%B2.jpg
もう一つの持病は甲状腺機能行進症で、いわゆるバセドー氏
病です。でも一般的にいわれるように、目は飛び出したりはし
ませんでしたが。甲状腺は臓器を司るコンダクターのようなも
ので、甲状腺ホルモンが過剰に出ると身体の働きが異常に
活発になります。
症状は、心臓の活動が上がって動悸が激しくなり、エネルギー
消費の亢進により多食や体重減少、多飲多尿、発汗が激しく
なります。最初私も動悸が激しくなり、心臓の病気かと思いま
した。汗をかきやすくなり、食欲があるのに肥らない(ある意
味理想的です)。幸い私は薬が効き、今はほとんど完治して
ますが、念のために通院しています。
通っている病院は、先日家内が入院した病院ですが、私が通
っている内分泌科は古い建物内にあります。
以前はやはり予約ができず、何時間も待たされポケベルを貸
し出したりしてました。
NEC_0752%20%20%20%20%E7%97%85%E9%99%A2.jpg
最近はこちらも予約ができるようになり、かなり便利になりまし
た。ただ、診察の一週間前に血液検査があるのですが、こち
らは早いもの順なので、60人待ちということも。
NEC_0800%20%20%20%20%20%E5%BE%85%E5%90%88%E5%AE%A4.jpg
こちらも異常はありませんでしたが、ここに通っていることで血
液検査からコレステロール値などいろいろな数値がわかり、ひ
とつの安心材料となっています。
無病息災ではなく一病息災です。