夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 迷犬物語(1)

ブログ

blog

迷犬物語(1)

我が家では、私が小さい頃からずっと犬を飼っていま
した。今の二匹は5代目ですが、みんな迷犬でした。


一匹目はほとんど記憶にありませんが、二匹目は私が
中学生のころにきたスピッツで、モンという名前のオス
でした。
本来スピッツは真っ白なのですが、当時は小型犬でも
外で飼うのがあたりまえの上、母があまり洗ってあげな
かったので、いつもねずみ色に汚れていました。
犬は、家族の中で誰が一番偉いかを理解し、弱い者を
下にするといいます。モンは身体は小さいのに気が強く、
私を家来にしようとしていたのか、よく喧嘩をしました。
特技は、まるで猫のようにスズメやねずみを捕ること。
ねずみが出るとモンを天井にあげ、よく捕まえさせてま
した。
時々庭から脱走しては近所の子供らを追い回し、家族
総出で捜索に行って、母にホウキで叩かれていました。
近所に生まれた子犬がモンにそっくりで、脱走した時に
できたのではという噂が流れ、母が謝りに行きました。
数々の伝説を残したモンは、町内きってのワルでした。
3匹目は、私が結婚してしばらく田舎に住むことになっ
た時に買ったシェルティーです。サミーという名の元気
な雄犬で、家内と二人きりの生活を癒してくれました。
1年ほどして東京に戻ってからは、モンと一緒に庭でよ
く遊んでいました。
モンの気性は相変わらず荒く、生まれた長男を裸で日
光浴させていたら、何を思ったかお尻に噛みつき、母
にボコボコにされたこともありました。
      ありし日のサミーと薄汚れたモン
%EF%BC%B3%EF%BC%95%EF%BC%93%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%81%A8%E3%83%A2%E3%83%B3.jpg
ある時、元気に庭を走り廻っていたサミーが急に見かけ
なくなったので、外に出てみると庭のはずれに倒れてい
ました。身体はまだ暖かかったのですが、すでに死んで
いました。死因はフィラリア。
その日の朝、近所の獣医さんからもらったフィラリアの
予防薬を飲ませたのですが、フィラリアの検査をしなか
ったため、すでに体内にいた大量のフィラリアが薬で苦
しみ暴れたためでした。
3年という短い生涯と、誰にも見取られないかわいそう
な最後に、みんな大きなショックを受けました。
サミーがいなくなってからは、さすがのモンも心なしか
寂しげで、その数年後に死にました。
動物は人間に比べて寿命が短いので、最後はいつも
つらいものです。もう犬は飼わないと思い、それから15
年近く犬のいない生活が続きました。
しかし、その後、家中を混乱に陥れた極悪の4匹目を
飼うことになったのです。    
つづく
(P R)
愛犬家のみなさまへ
当社の通販ショップ「銀の粒」で、炭でできたかわいい
ワンちゃんの置物の販売を始めました。
ポリジレン素材に、トルマリン入りの液状備長炭を二重
にコーティングしたもので、炭やトルマリンの相乗効果で、
かわいいワンちゃんがよごれたお部屋の空気をクリーン
にしてくれます。
ワンちゃんだけで60種類以上。あなたの愛犬もいるので
は・・・そのほか、ネコ・ウサギ・鳥など種類も豊富です。
  ★ビーズの首輪つき★ 特別価格・送料無料
銀の粒 [お友達 炭の華」
http://www.netyokocho.jp/gin/all/2/?mode=1&sort=1&cut=1