夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 迷犬物語(3)

ブログ

blog

迷犬物語(3)

4代目のサミーが亡くなったあと、今度は悲しみを忘れる
ために、早くも次の犬を飼いました。


紹介します。我が家のリリとモルです。
個人情報保護法により顔はお見せできません
moruriri2%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E4%BB%AE%E9%9D%A2.JPG
この2匹が我が家に来た顛末は・・・
今度もシェルティーが欲しかったので、何件かのペットショッ
プを回りましたが、チワワやシーズばかりでシェルティー
は全然見かけません。取寄せてくれるとはいうものの、二の
足を踏んでいました。
そんな時、知り合いからシェルティーのブリーダーを紹介さ
れ、家内と母と3人で尋ねました。そこには沢山のシェル
ティーの子犬がいて、お客さんも次々と尋ねてきます。
今までずっと雄ばかり飼っていたので、今回は雌にしようと
決めていました。
次々と連れてこられる子犬の中で、ひときわ輝いて見える
かわいい雌の子犬がいました。私は、まるで家内に初めて
会った時のように(ウソです)、一目ぼれしてしまいました。
心はもう決まっていたのですが、そのブリーダーも商売上手
で、この子と一番仲がいいという雄犬を連れてきました。
元気に遊ぶ二匹を見て、できれば雄雌で飼いたくなりました。
でも二匹も買う(飼う)余裕がありません。
そこで、のこのこ付いてきた母に、雌犬を買わせることにしま
した。なぜ母が雌かというと、雌の方が手がかからないから
です。
子供たちには内緒にしていたもので、うちに連れて帰ると、
二匹の子犬を見て狂喜しました。
家族会議の結果、雌にはリリ、雄にはモルと名づけました。
       家に来たばかりのリリとモル
moruriri5%20%20%20%20%20%20%E4%BA%8C%E5%8C%B9%E9%9B%A2%E3%82%8C%E3%81%A6.JPG
1人住まいの母にリリの世話をさせるのは、ボケの防止に
もなると思いました。
私と母の家は渡り廊下でつながっているので、昼間リリは
はうちに来てモルと遊び、夜になると母にイヤイヤ連れ戻
されていました。そこで、土日の夜はうちにお泊りにくるこ
とにしました。
夜、母の家に迎えに行くと起きて待っていて、ゲージを開
けると喜んで飛んで来て、我々のベットにもぐり込みました。
moruriri6%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E4%BA%8C%E5%8C%B9%E5%B0%8F%E5%B1%8B.JPG
前回のサミーで懲りた家内は、小さいうちから訓練をさせま
した。そのせいなのか、生まれつきの性格なのか、2匹は
とても素直に育ち、以前のように命がけで散歩に連れて行
ったのがウソのようです。
そのおかげで、家内は近所の犬好きの方々と話す機会が
でき、友人も増えました。
母の具合が悪くなってからは、リリも晴れて我が家の一員
となり、いつも2匹一緒にいるようになりました。
   「シェルティーのひらき」ではありません
%21cid_01%40070219.104848%40_____N903i%40docomo.ne%5B1%5D
いつもは兄弟の様な2匹ですが、発情期になるとモルは雄
に変身します。一時は子供ができることを期待していたの
ですが、リリが拒否をしてダメでした。
失恋したモルは大変です。離れて寝る夜は遠吠えをし、食
事も喉を通らずげっそり痩せてしまいます。ついには私の所
に来て何とかしてくれと頼みます。そう言われてもねえ・・・
モルが6歳のとき、睾丸にガンが見つかり、手術をして事実
上子供が出来なくなりました。以来、発情期はなくなり、いま
は食欲だけ。なので、二匹の関係は「友達以上、恋人未満」
です。
二匹は家族みんなの癒しとなり、2匹飼ったのは正解でした。
それぞれのご紹介は次回に。
070816_1451~0001.jpg