夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 連休 竹の子と芭蕉の里

ブログ

blog

連休 竹の子と芭蕉の里

ゴールデンウイークは、いつものように栃木の実家で過ごしました。


震災から1ヶ月半たち、東京で感じる余震は少なくなりましたが、栃
木ではいまだに日に2~3回は感じます。
用があって町民広場に行ったら、グラウンドに地震で倒壊した瓦礫の
山がありました。大谷石やレンガ、アルミやトタン、木材と3つの山に
別れていましたが、被害の大きさを目の当たりにして唖然としました。
ここら辺でこんなですから、福島や宮城などの被災地の想像がつき
ません。
201104281307000%20%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%8D.jpg
ほとんどがもろい大谷石のようです
201104281308000%20%20%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%8D%E3%80%80%EF%BC%92.jpg
昨年は、5月頃から必死になって庭の手入れを始めましたが、最近
は人に頼めるようになったので、気持ちに余裕ができました。
昨年秋に木の枝を切りすぎて、葉っぱが出てきたら不恰好になって
しまった木がちらほら。でも、初夏は花がきれいです。
いつの間にか芝に根付いた高山植物のひな草
201104301454000%20%20%E3%81%B2%E3%81%AA%E8%8D%89.jpg
母が好きだった「すおう」
201104291200000%20%20%E3%81%99%E3%81%8A%E3%81%86.jpg
たぶん八重桜
201104291546000%20%E5%85%AB%E9%87%8D%E6%A1%9C.jpg
去年植えたチューリップも咲きました
201104301706001%20%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97.jpg
今回の重点作業は、裏庭の竹林の開墾。もともとは、祖母が竹の子
を取りたいと竹を植えたそうですが、毎年竹の子がどんどん生えてく
るので、いまでは数百本にもなってしまいました。
今は竹の子が生えてくる時期。あっちこっちからムクムクと顔を出し、
採っても採ってもまさに雨後の竹の子のごとくです。ついには食べ切
れずに蹴り倒して歩く始末。一晩であっという間に成長するので、ま
るでエイリアンの卵のようです。
201105031121001%20%E7%AB%B9%E3%81%AE%E5%AD%90.jpg
ちょっとえぐいけど、ぬかを入れて煮ればグーです
201104301104000%20%E7%AB%B9%E3%81%AE%E5%AD%90.jpg
竹は、中が空洞なので切るのは割と簡単ですが、倒したあとの処分
が問題。特に孟宗竹は、太くて長く重いので大変です。いくつかに切
って家内と二人で引きずっていき、何十本も燃しました。竹は燃える
と中の空気が膨張して破裂するので、パパパパーンとまるで戦場に
いるようです。
毎日竹ばっかり切っていたので、一日はドライブに行こうということに
なりました。那須・塩原・日光などの観光地は何度も行ってるので、
今回は芭蕉の里といわれている黒羽に行ってみることに。
黒羽は、福島県に近い栃木県北東部にあり、江戸時代、松尾芭蕉が
奥の細道の旅中14日も在して数々の句を残したことから「芭蕉の里」
として有名になりました。
実は黒羽には母の実家があります。叔父(母の弟)に言わせると、芭
蕉が長く滞在したのは、奥の細道に分け入る前に怖気好き、ぐずぐ
ずしていたのではないかと。
芭蕉が好きだった母は黒羽町を誇りにしてましたが、いまは大田原
市に併合され、残念ながら黒羽という町は消えてしまいました。母が
生きていたらさぞ悔しがったでしょう。
うちの実家からは一時間の距離。途中、壬生町という所を通ると、家
々の前の柱にいろいろな屋号の看板が付いてました。何かなと思っ
て町の集会所に寄ってみたら、ここは門前町で、町起こしの為に昔の
屋号を掲げているみたいです。
そのお寺
201105021234000%20%20%E5%AF%BA.jpg
なぜか川の中にある鳥居
201105021235001%20%20%E9%B3%A5%E5%B1%85.jpg
面白いのは屋号と一緒に「籠屋」「麹屋」などの職業名が混在し、い
までもその商売を続けてる店があったことです。何度も通った道です
が、初めての発見。これも、いつもブログのネタを探しているおかげ
です。
201105021031000%20%20%E5%B1%8B%E5%8F%B7%E3%80%80%EF%BC%92.jpg
201105021037000%20%E5%B1%8B%E5%8F%B7%E5%9C%B0%E5%9B%B3.jpg
また途中に、下侍古墳というのがありました。誰のお墓かはわかりま
せんが、江戸時代に水戸光圀の命により保全整備され、上に松を植
えたおかげで現在でもその原形をとどめ「日本で一番美しい古墳」と
いわれているそうです。
201105021228000%20%E5%8F%A4%E5%A2%B3.jpg
まもなく黒羽町に到着。昔はよく来てたので懐かしい。
私が子供の頃はほんとの田舎町でしたが、畠の中の父の実家に比
べれば、おもちゃ屋も本屋もあってまるで都会でした。
今でも残る、珍しい蔵の中にある銀行
201105021059000%20%E9%8A%80%E8%A1%8C.jpg
さらに2キロほど行くと芭蕉の館があります。記念館は休みでしたが、
芭蕉が泊まっていたといわれる場所に行ってみました。いまある建
物はどうもあとから建てたらしく、窓がサッシでちょっと雰囲気が・・・
芭蕉の句の碑
201105021117000%20%E3%81%B0%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%AE%E5%8C%BA.jpg
さらに10キロほど行くと、芭蕉が立ち寄ったとして有名な雲巌寺があ
ります。深い緑に囲まれた山腹にあり、自然がすばらしい。秋に来た
ら、きっと紅葉がきれいでしょう。家内が「芭蕉は泊まったところから
こんな遠いところまで歩いてきたのかしら」と一言。彼は東北中を歩
いて廻ったというのに。
201105021145001%20%20%E9%9B%B2%E3%82%AC%E3%83%B3%E6%99%82.jpg
帰りに、那珂川沿いの川原にあるヤナで鮎を食べました。
時期的にまだ早いのか、お客さんはガラガラ。毎年来るのですが、
混んでいる時に来ると、焼き過ぎでパサパサの時があります。今回
は期待できそう。しかし・・・天然物と言って持ってきてくれた鮎は、お
腹いっぱいに卵が詰まっていてイマイチ。鮎は子連れじゃないほうが
美味しいようです。
201105021332001%E9%AE%8E.jpg
雰囲気はバツグンなのですが・・・
201105021351001%20%E3%82%84%E3%81%AA.jpg
都会では見られない五月の風景2題
鯉のぼりと田植え
201105021449001%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A.jpg
201105041532000%20%E6%B0%B4%E7%94%B0.jpg