夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 一期一会   その1

ブログ

blog

一期一会   その1

毎日生活する中で、どこかで必ず初めて会う人と関わりを持ちます。
その関わり方で、その日の気分がよくなったり悪くなったり・・・


日々必ず会うのはお店の店員さん。
コンビにでは、会話もないので関わりを持つことはほとんどないです
が、デパートや量販店では様々な思いをします。
以前の店では、商品を見ていると店員さんが寄ってきて、勝手に商
品説明を始めます。特にデパートのネクタイ売場では、待ち構えてた
ように店員さんが寄ってきて、ショーウィンドウから次々と商品を出し、
しつこく勧めます。なのでゆっくり選ぶこともできませんでした。
そういうスタイルを崩したのが量販店です。どの店が始めたかは忘
れましたが、店員からは声をかけないというスタンスは好評で、それ
がいまのスタンダード。
でも、ある量販店で嫌な思いをしたことがありました。
家内と家電量販店に行ったときのこと。商品の説明を聞きたかった
のですが、店員さんはみな接客中でなかなか聞くことができません。
すると、近くで上司らしき人が店員にお説教をしていました。量販は
顧客第一と聞いてるので「すみませんが・・」と声をかけると、こちら
も見ずに「ちょっと待ってください」とムベもない返事。「説教なんて
あとでもいいのに」と思いつつ、まあ話しかけた私も悪いと思って待
ってました。
しばらくすると、さっきの上司が歩いてきます。今度こそと「すいま
せーん」と言うと、彼は立ち止まりもせずにまた「ちょっと待ってくだ
さい」と言って立ち去りました。家内と二人で呆然。
若いアルバイトならともかく、そこそこ上の人がそんな態度。たまた
まなのでしょうが、それ以来その店の印象は最悪になりました。
ある量販店に行ったときのこと。開店して30分ぐらいたった時間に
入り、ある売場にいきました。商品を選んでレジに行くと、そこで数
人の店員さんがミーティングをしていました。なかなか終わらず、ほ
かのお客さんも数人待ってます。待ちきれずに声をかけると、また
もや「ちょっと待ってください」と言われました。すかさず他の売場か
ら違う店員さんが来てレジを打ってくれましたが、開店して30分も
たつのにミーティングをしてて、さらにお客を待たせるとは・・・
一方で、違うお店でこんなことも。
売場の入り口にあった、入荷したての商品の山。その中の一番下
に、私の欲しかった物を発見。まだ店頭に並べてないので無理か
と思いつつ、店員さんに聞いてみたら、気軽に「いいですよ」と答え
てくれました。でもそれからが大変。二人がかりで汗をかきながら、
上の商品をどかしてやっと取って貰いました。わたしは「スイマセン」
と何度も頭を下げました。
店員さんの話つながりで、一期一会ではないですが、私がよく買い
に行く趣味の店の話です。
都内に3店舗あり、品揃えも多く、かなりの割り引きをしてくれます。
1店舗は会社の近くにあるのでよく顔を出すのですが、そこの店員
さんはみな若く、揃いも揃って無愛想。他の店舗ではみんな感じが
いいのに・・・。商品知識はあるようですが、質問しても感じが悪く、
雑談に応じる気もありません(マニアは雑談が楽しいのに)。
なので、この店ではつい買う気がそびれてしまいました。
その店に、最近中年の人がいるようになりました。上の人らしく愛
想もよくて、もしかしたらそういう評判がたって、他の店から派遣さ
れてきたのかもしれません。商品についていろいろ教えてくれるの
で、店に入るとその人を探し、接客が終わるまで待ってます。
それからこの店でもよく買うようになりました。
ほんとに店員さんの態度によって、気分は大きく変わるものです。
次回は、さまざまな一期一会の人たちのエピソードを。