夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » エビで鯛 梅で佐藤錦  (忙しすぎる休日 つづき) 

ブログ

blog

エビで鯛 梅で佐藤錦  (忙しすぎる休日 つづき) 

庭の梅は、ジャムにして近所に配るのが家内の楽しみです。


以前は母がやっていたのを家内が受け継いだのです。
前は木が2本あって、梅の実も山ほど取れましたが、最近は
一本が枯れ、もう1本も老木になったせいかめっきり実りが少
なくなりました。いまでは、足りない分を買ってきて作り、配っ
ているという本末転倒になってます。
最近は庭仕事をやっているので、脚立で梅の実を採るなんて
のは朝飯前。ただ、もう蚊が出ていて喰われました。
110605_1646~0001%20%E6%A2%85%E3%81%AE%E6%9C%A8.jpg
まだ早かったような・・・
110605_1641~0002%20%20%20%E6%A2%85%E3%81%AE%E5%AE%9F.jpg
庭で採れたのはこれだけ
110605_1718~0001%20%20%E3%81%86%E3%82%81.jpg
採ってきた実に砂糖を加え、煮込んでジャム状にします。
これに炭酸を加えると、梅ジュースとなって夏の健康飲料とし
て最適。買ってきた梅も加え、キッチンは当分の間梅ジャム
工場化しています。
梅を煮ている間、家中に溜まった小銭の整理をしました。
母の残した分を合わせるとかなりの量。1円・5円・50円・
100円と別けるのも大変です。家内も一緒になって仕分けし
ていると、キッチンから焦げくさい臭い。飛んで行くと、煮てい
た梅が焦げて真っ黒になってました。しかも、わざわざ買って
きた分。
家内はしばらく嘆いていましたが、やおらその黒い物体を食
べだし、タルトタタンのようだと負け惜しみを言ってました。
201106111611001%20%20%20%E3%81%93%E3%81%92%E3%81%9F%E6%A2%85.jpg
数日後、家内が実家に帰る時、無事だった自家製ロット分を
おみやげに持って行きました。すると、変わりに妹から、お使
い物の残りと言って佐藤錦をもらってきました。でかした !
やっぱり梅よりさくらんぼです。
201106130745000%20%20%E4%BD%90%E8%97%A4%E9%8C%A6.jpg
その後、仕分けした小銭を銀行に持っていったところ、一緒く
たに機械に入れられ、仕分の苦労は無になりました。
計算を始めた機械が、しばらくしてストップ。小銭の中に、ちゃ
んと除いたはずのボタンや外国のコインが混じっており、その
後も5回機械を止めました。恥ずかしい。
合計金額は、1円玉だけでなんと5千円。まさに、チリも積もれ
ばです。買った梅の分もチャラになり、うめでたしうめでたし。