夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 最近腹が立ったこと

ブログ

blog

最近腹が立ったこと

いまの世の中腹が立つことは沢山ありますが、最近特に腹が立った
ことが2つありました。


1つは最近買ったDVDレコーダー。
よく実家に行きますが、行けばほとんど外で仕事をしているので、見
たい番組も見れません。テレビ大好き夫婦にとって、これは大きな問
題です。なので、古いDVDレコーダーを持っていき録画していたので
すが、そのデッキがアナログ専用で使えなくなりました。そこで、溜ま
ったエコポイントで新しいのを買うことに。
DVDデッキは安いのから高いのまでピンキリ。どうせ録画と再生しか
しないので、家電量販店で安価なものを探してました。すると、一流
メーカーのA社製で際立って安いデッキがありました。安いナゾを店員
さんに聞くと、若干使いづらいとのこと。たしかに、以前あったA社製の
は使いづらかったのを覚えていますが、たかがビデオデッキ。慣れれ
ばどうってことありません。迷わずこれに決めました。
実家でセッティングして、録画ぐらいは簡単にできましたが、録画を途
中で中止する方法がわからない。他のB社C社製では簡単にできる
のに、タウンページほどもある説明書を読んでもさっぱりわかりません。
説明書の裏をみると、質問窓口の電話番号が大きく書いてあります。
よっぽど質問が多いのか・・・
電話をすると録音テープが応答し、〇〇は1番を押せ、次は3番を押
せとか言われ、つながったと思ったら、混んでいると数分待たされ、や
っと係りの人が出ました。操作は丁寧に教えてくれましたが、もっと機
械の操作や説明書を簡単にすることはできないのか・・・
しかしこれは序章にすぎませんでした。腹が立ったのはこれからです。
ふつうに録画して見てる分には問題なかったのですが、留守録した地
元テレビの「一万燈」のニュースを、DVDディスクにダビングして持って
帰ることになりました。うちが出たのは1時間半のニュースの5分ぐら
いですから、他を消してそこだけをダビングすることに。
通常B社・C社のデッキでは、編集画面で必要のない部分を指定して
消去していく簡単な作業。ところがこのデッキは、またまた説明書を読
んでもよくわかりません。もうこの時点でイラっときてます。しかたなくま
た電話で聞くことに。やはり電話番号が大きく出ていたのは、使い方が
わからない人が沢山いるからなのでしょう。まためんどうな手順を踏ん
で係りにつながりました。
今度も丁寧に教えてくれましたが、説明を聞いてもわからないぐらい複
雑な作業。しかも「直接編集すると故障の原因になるので、いったん
番組を全部コピーしてください」って・・・えっ ! そんなことどこにも書いて
ない。説明を聞いているうちに、こんな複雑なシステムを考えメーカーに
腹が立ち、思わず「他のメーカーはもっと簡単なのに・・」と言ってしまい
ました
よく食べ物屋さんでも、他の店で食べてみたことあるの?と思うような
味のお店があります。他社の機械と比べてみれば、これがどんなに使
いづらいかわかるはず・・・(特許の関係があるのかもしれませんが)。
次に買うときは、どんなに安くても絶対A社のデッキは買わないでしょう。
しかし「人の振り見て我が振り返れ」。当社も、自分たちの思い込みで
なく、いろんな角度から商品を見直す必要を感じました。
そうそう、もう一つの腹の立ったこととは・・・
それは家内が買ってきた薄ーいトイレットペーパー。
引っ張ると3センチぐらいでプチプチ切れ、そのたびに腹が立って腹が
立って・・・
まあ、こんなことで腹を立てるぐらいで幸せかもしれませんが。