夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 薬の副作用

ブログ

blog

薬の副作用

昨日、インフルエンザの薬を飲んだ中学生
が、マンションから飛び降りて亡くなるという
大変痛ましい事故がありました。
製薬会社の一員として、また薬剤師としても
見逃せないニュースでしたが、あるニュース
キャスターの一言がちょっと気になりました。


それは、「薬には必ず副作用があるので気を
つけましょう」と、最後に言ったコメントでした。
確かに医療用薬(医師が処方する薬)のよう
に、効き目の高い薬はもろ刃の剣で、副作
用が多いのも事実です。
極端な例ですが、たとえばガンの治療薬など
は、副作用があるのを承知しながら、効果を
優先して使われます。また、副作用が1%
あっても99%に効果があれば、有効な薬と
して使われることがあります。
しかし、すべての薬に必ず副作用があるわけ
ではありません。特に、薬局やドラックストアー
の店頭で売られている薬は、一部のスイッチ
OTC(医療用から転用された薬)を除き、厚生
労働省が決めた基準内の安全性の高いもの
しか承認されていないからです
ただし、いくら安全性が高いと言っても、「早く
効かせたいために用量以上に飲む」など、間
違った使い方をすれば、副作用がまったくない
とは言えません。
また逆に、「薬は怖いから用量の半分を飲む」
というのも効果が出ず、薬を飲む意味がないの
でやめましょう。
一般薬は、使用上の注意をよく読んで正しく
使えば安心です。
もし薬にご不明な点、不安な点がありましたら、
すぐにメーカーにお問い合わせください。