夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 長野 絶景の旅  1

ブログ

blog

長野 絶景の旅  1

最近、休みといえば栃木の実家に行って庭仕事ばかり。なので、久しぶり
に旅行に行こうということになりました。


問題は犬です。最近は一緒に泊まれるホテルも増えましたが、今回は行
きたいホテルが決まっているので連れていけません。そこで、たまにシャ
ンプーをしてもらうお店で預かってもらうことに。動物のホテルは病院と同
じで日割り計算が多く、1日4千~5千円取られますが、ここは一泊二日で
3千円と良心的。しかも一匹になったことですし・・・
今回の目的地は、前から行きたかった妙高高原の赤倉観光ホテル。
テレビで紹介されて気に入り、来年の同窓会スキーを予約したのですが、
その前に一度行ってみたかったのです。ついでに、これも行きたかった日
帰り入浴の馬曲(まぐせ)温泉、NHKのおひさまでブレイクした安曇野の3ヵ
所を巡る一泊二日の旅行プランをたてました。
テレビの旅番組はすべて録画して見ているので、行った人よりも詳しいぐ
らい。なので、行っても新鮮味がないということがままあります。
たまたま見た旅館予約サイトで、赤倉観光ホテルの割引プランを見つけ
ました。通常より2割ほど安く、しかも30組予約成立すると、食事中の飲
み物が飲み放題だとか。ジンジャーエールが飲み放題。こりゃ大変 !
タイムサービス限定というので、あわてて予約しました。
山の旅行の楽しさはお天気次第です。晴れと曇り(もちろん雨も)では気
分が雲泥の差。特に、赤倉観光ホテルと馬曲温泉は眺望が売りなので。
1週間前から、刻々と変わる天気予報が気になります。最近はピンポイ
ントで予報がわかりますが、NHKとヤフーの天気予報とでは微妙に違う
ことに気付きました。
NHKが晴れといえばヤフーは曇り、ヤフーが晴れといえばNHKは曇り。
えーい、どっちなんだ!そのたびに一喜一憂です。しかし前日、両方の
予報が初めて一致しました。明日の妙高は終日曇り。ガックリ。
ま、天気予報はあてになりません。外れることに期待しましょう。
当日、今日は長野自動車道で豊田飯山まで行き、馬曲温泉に寄ってか
ら妙高のホテルへ向かいます。出がけに家内に、「テレビの星占いで、
今日の(私の)運勢は最悪と言ってたから気を付けて」と言われ、若干テン
ションが下がりましたが、東京の天気は快晴に近い晴れ。このまま長野
も晴れてればいいけれど・・・。
高速道路を順調に走り、昼ごろに豊田飯田インターに着きました。目的
地はここから16キロ。天気は薄曇りながらも晴れ。きっと温泉からの眺
望は素晴らしいことでしょう。テンションが上がってきました。
青い山々とピンクの鉄橋と手前の花のコントラストが絶妙(自画自賛)。
写真展に出したいぐらいです。
201109141241001%20%E9%89%84%E6%A9%8B%E3%80%80%EF%BC%93.jpg
昼ご飯は、ネットで調べた馬曲温泉近くのそば屋さんと決めてました。
お昼が先か温泉が先かと話しながら走っていると、道端にとんでもない
看板を発見。「馬曲温泉本日休業」。 うっそー! でも、日にちは確か
に今日です。
%E4%BC%91%E6%A5%AD.jpg
休みのことなど考えてもみなかった。家内の最新鋭スマートフォンで調べ
ると、なんと月にたった1度の休みが今日。予想外の展開に呆然としまし
た。いままで抽選なんて当たったことも無いのに、31分の1の運の悪い
確率に当たるとは。事前に聞いておけばよかったと悔やまれます。いま
さら安曇野にはいけないし・・・。もしや悪い運勢というのはこのこと?
でも、運が悪いのはこれだけではありませんでした。
せっかくここまで来たので、気を取り直して温泉近くのそば屋さんに行く
ことにしました。山道をしばらく登って行くと、そのお店を発見。しかし、な
んとそこもお休み。二重のショックです。でも、自分で決めたスケジュール
なので、誰に文句を言うわけにもいきません。
こぎれいな店なのに残念。
201109150949000%20%20%20%E3%81%9D%E3%81%B0%E5%B1%8B.jpg
仕方なくネットで昼食の場所を調べ、評判という飯山市内のおそば屋さ
んへ行くことに。馬曲温泉には明日またリベンジすることにし、少し元気
が出てきました。途中で、いまどき珍しいひょうたんの栽培をみつけまし
た。むかしは水筒がわりに使ったりしましたが、いまは何に使うのだろう・・・
201109151050000%20%20%20%E3%81%B2%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%93.jpg
そば屋さんに着くと、そこのメニューが高くてビックリ!いくら長野がそば
の本場とはいえ、神田の松屋より高いとは。しかも、十割そばと書いて
ありましたが、食べた感じは違うような・・・。
メニューに「割りこそばふう」とありました。「ふう」って何が・・・?
201109141256000%20%20%20%E3%81%9D%E3%81%B0.jpg
駅前に観光案内所があったので、近くに雰囲気のよい立ち寄り温泉が
ないか聞いてみたところ、とてもていねいに教えてくれました。
その温泉は斑尾高原の森の中にありました。雰囲気もよさそうです。
脱衣所に入ると、トイレにこんなマークが。一瞬混浴かと思いました。
男風呂なのに不思議。もしかしたら子供のため ?
201109141415000%20%20%20%20toire.jpg
風呂場に入ると、そこからは山も森も見えず、隣の建物しか見えません。
これじゃ栃木の地元の温泉と変わらない。いざ露天風呂に入ろうとする
と、入り口に「13時から18時半まで、テレビ撮影のため入浴できません」
との貼紙。エ~ ! 今日はつくづくついてない。
201109141416000%20%20%E3%83%95%E3%83%AD%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8.jpg
野尻湖の湖畔を走り、3時ごろに赤沢観光ホテルに着きました。妙高山
の中腹にあり、冬はゲレンデのど真ん中という最高の立地。来年のスキー
が楽しみです。
真ん中に小さく見えるのがホテル(翌日の撮影)
201109150908000%20%20%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%80%E9%81%A0%E6%99%AF.jpg
ホテルの外観
201109141638000%20%20%20%20%20%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.jpg
前面ガラスのロビーからは雄大な景色が見られます。
歴史のあるリゾートホテルですが、3年前に完全リニューアルしたそうで、
施設はどこもできれい。さて、部屋は ? お風呂は ? 食事は?