夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » がんばれ 福島

ブログ

blog

がんばれ 福島

先日、大学の同級生6人で、、福島の芦足の牧温泉へ行って来ました。


毎年恒例の早めの忘年会ですが、今年は郡山に住む友人に幹事をしてもらい、
福島県に微力ながら貢献しようということに。
他にメンバーは、札幌1人、長野2人、神奈川1人、東京1人と各県から集まりま
す。むかしはどこに行くのも車でしたが、全員還暦を過ぎるとさすがに身体がき
つくなりました。
そこで、新幹線とレンタカーにすることに。幸い「駅ねっと」で調べたら、行きは2
割5分引き、帰りは3割引きのチケットがとれました。これは大きい。レンタカー
代ぐらいは浮きます。
いつも心配なのが飛行機で来る札幌のA君のこと。予約した列車に乗れるかど
うかは、彼の到着次第です。過去2回大幅に飛行機が遅れ、ドタバタしたことが
ありました。
今回は時間通りに到着。無事に列車に乗れました。
集合は東北新幹線の新白河駅。レンタカーを借り、幹事の車と2台で出発しまし
た。レンタカーはマツダのデミオしかなく、幹事の車と性能が桁違いなので、つい
ていくのが大変でした。
201111131332000%20demio.jpg
磐越自動車道に入り、最初に行ったのは、会津地方にある勝常寺。畠の中をひ
たすら走り、小さな村の外れにひっそりと建ってました。まわりに人気はなく、な
んか裏淋しい感じです。しかし、このお寺が凄いのです。看板には、寺が開かれ
たのは807年で、1300年に建て替えられた現在の建物は重要文化財とのこと。
でも、凄いのはそれだけではありません。
DSCF0800%20%20%20%20%E5%8E%9F%E3%80%80%E5%AF%BA.jpg
お寺の管理人を呼んできて、宝物殿の中を見せてもらうと、全長2メーター程の
仏像が6体台の上に無造作に並んでます。これが全部800年ごろのもので、す
べてが国宝や重要文化財。それがガラスケースもなく、触れるぐらい近くで見れ
るのです。なんともおおらか。一体は国立博物館に預けてあるとのことでした。
宝物殿
201111121454001%20%E8%94%B5.jpg
本堂の中には、ご本尊の薬師如来像があり、これも国宝とのこと。他にも、大き
な12神将があり、うちの5倍ぐらいはありました。説明してくれた管理人さんが
何も言わないので、お灯明料として千円を供えてきましたが、出口に小さく「一
人五百円いただきます」と書いてありました。東北人はなんて慎ましいのでしょう。
戻って追加分を置いて帰りました。
こんな田舎の人気もないところに、国宝級の物がごろごろあるのが驚きでした。
詳しくはこちら → 勝常寺
次に行ったのが、喜多方市にある新宮熊野神社の長床(ながとこ)。なぜ長床
かというと、長さが27mもあるかやぶき屋根の拝殿があるからで、これも重要
文化財だそうです。
入り口の鳥居
201111121527000%20%20%20%E9%B3%A5%E5%B1%85%E3%80%80%EF%BC%91.jpg
長床
DSCF0810%20%20%E5%8E%9F%E3%80%80%E9%95%B7%E3%81%84%E5%BA%8A.jpg
これが本殿。3つ並ぶ神殿も珍しいとか。
201111121540000%20%20%20%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E3%80%80.jpg
やはりここにも宝物殿があって、重要文化財がごろごろ。会津地方を舐めては
いけません。ここは日本の隠れた宝庫です。
ちなみに、勝常寺も新宮熊野神社も、私の旅行コレクションDVDでは見たこと
がなく、全然知りませんでした。
詳しくはこちら → 新宮熊野神社
喜多方市といえば思い出があります。20年ほど前、このメンバーで喜多方
ラーメンを食べに来たことがありました。当時凄いブームで、みんな同じ情報誌
を持って街のラーメン店探し。我々も地図を見ながら人気店に行って見ました。
店の前には長蛇の列。それも、DLのスペースマウンテンのように、店の中まで
トグロを巻くようにならんでます。でも、ラーメンの味はふつうでした。驚いたのは、
隣でトンカツを食べてる人がいたこと。しかも、あんなに並んでいるのに、壁には
「出前してます」の文字が。極めつけは、廊下に積んであった麺の箱に、喜多方
でない住所が書いてあったことです。あのお店はまだあるのかなぁ。
ここで、長野から来た友人のミスが発覚。帰りの電車の時間を3時と決めたの
に、13時と勘違いして切符を買ってしまったのです。そんなに早い時間だと、
明日どこも観光出来ません。そこで、回り道してJRの駅により、切符を替えて
もらいました。みんな還暦を過ぎると記憶があやふやになって・・・
遠回りをしたので、旅館に着くころはもう暗くなってました。今夜の宿の社長と
幹事が知り合いで、部屋をランクアップしてくれた上、食事中飲み放題。さら
に飲み放題のカラオケをサービスという大盤振る舞い。
大きな旅館ですが、紅葉の時期だからか団体がいくつもあって満室だそう。
お客さんが増えてよかったです。
渓谷沿いの崖に建物があり、三段になった露天風呂からは渓谷が望めます。
お風呂をあがると、おじいさんが自分の下着がないと大騒ぎ。係りの人が来て
探し回ってましたが、下着は自分の目の前にありました。係員も呆れ顔。する
と今度は、タオルがないと騒いでます。すかさず係りの人が、「ご自分の腰に
巻かれてますよ!」。もうちょっと歳をとると、ああいうふうになるのかなぁ。
翌朝の露天風呂からの眺め。お客さんの多い旅館のお風呂で写真を撮る
のは命がけです。
201111130720000%20%20%E9%9C%B2%E5%A4%A9%EF%BC%92.jpg
三段になった露天風呂も珍しいです。
201111130737001%20%E9%9C%B2%E5%A4%A9%EF%BC%95.jpg
二次会は、カラオケルームの個室が用意され、延々と酒を飲みながら、青春時
代の歌をうたって懐かしみました。ふと部屋の外を見ると、他のお客さんがコン
パニオンと盛り上がってうたってます。ちょっと羨ましかったけど、我々は真面目
な薬剤師(の酔っ払い)。最後は「上を向いて歩こう」を熱唱して終わりました。
この日のお酒は、5人でビール15本、お銚子15本、冷酒1合半、焼酎1合なり。
翌日出発のとき、世話をしてくれた若い仲居さんがに見送りに来てました。食
事の時に「心付け」を渡したのですが、そのお礼にとお土産のあんころ餅をくれ
ました。若いのに、この気遣いが嬉しいです。
翌日は、大内宿と塔のへつりに行きました。
大内宿は前から一度行きたかった所で、昔の街道沿いの宿場がそのまま残っ
ている所。名物に、一本のネギを箸代わりに食べるソバがあります。私の中で
は、このソバを食べるのが今回の旅行の目玉でした。
ところが地元に詳しい幹事が、日曜は混むからと、結局朝イチで行くことに。
10時に着いたら、彼の言うとおり、駐車場はほぼ満車でした。村に入ると、すで
に人でいっぱい。両側にカヤブキ屋根の昔のままの民家が並んでます。昔と違
うのは、そのすべてがお土産屋さんと食堂になってること。まあ、映画のセット
じゃないんだから、すべては生活のためです。
日本酒の試飲をしていましたが、みんなの口から出た言葉は「もういらない」。
40年近い付き合いで、初めてそんな言葉を聞きました。もう年なのかなぁ。
201111130946000%20%E6%9D%91%EF%BC%92.jpg
高台から見た眺め
201111131004001%20%E7%9C%BA%E3%82%81%EF%BC%92.jpg
時間が早くみんな食欲もない。ソバは諦め帰ろうとすると、一口サイズのソバが
あることを発見。ちゃんとネギも一本付いてます。そこで人数分頼んで食べまし
た。ネギがちょっと辛かったけど、コシのある美味しいソバでした。
201111131039001%20%20%E3%81%AD%E3%81%8E%E3%81%9D%E3%81%B0.jpg
我々が帰るころは、ここに来る他県の車で渋滞。地元の人じゃなければわかり
ません。
次に行ったのが、搭のへつり。ここは 川が侵食と風化でできた奇跡の景勝地
だそうで、数年前に家内と一度来ています。
201111131126000%20%20%E5%A1%94%EF%BC%93.jpg
201111131127000%20%20%E5%A1%94%EF%BC%95.jpg
詳しくはこちら → 大内宿・塔のへつり
おみやげ店でおもしろい物を発見。
鉄砲の形をした傘です。買おうかどうか悩んでいたら、友人が「そんな物買った
ら奥さんに怒られるよ」と言いました。でも、うちの家内ならきっと、なんで買っ
て来なかったの!と言うでしょう。なんせ、友達と九州に旅行に行って、私のお
土産にブリキの戦車を買ってきた感性です。でも荷物になるから止めました。
これを持って飛行機に乗れるのか?札幌から来た友人に試してもらいたかった。
201111131114000%20%E3%81%8B%E3%81%95.jpg
残る観光地はあと一つ。順調に来すぎてかなり時間が余りそうです。これなら
切符を替える必要なかったと大笑い。最後に、阿武隈川の上流にかかる雪割
橋へ行きました。高さが50メートル以上あり、紅葉の名所だそうですが、、今
年の紅葉はどこもはイマイチ。
橋の上からの眺め。実は自殺の名所だそうです。
201111131247000%20%20%E9%9B%AA%E8%A6%8B.jpg
201111131259001%20%20%E9%9B%AA%E8%A6%8B%EF%BC%93.jpg
詳しくはこちら → 雪割橋
最後に、駅のそばのレストランで、お昼を食べながら時間調整しました。
来年も全員元気で会えますように。