夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 還暦にはきつい2日間

ブログ

blog

還暦にはきつい2日間

先日二日間の間に、新しく設立された薬の卸の記念パーティーと、
メーカー懇親会、工場見学、地域量販の懇親会に行ってきました。


薬局・ドラッグストアーで売られている一般薬は、卸を通して小売店に
売られているメーカーが圧倒的です。
私が会社に入った頃は、大きい薬局やチェーン店など少なく、個人経
営の薬局・薬店が沢山ありました。卸も1県に1件から数件あって、当
社の取引卸も40件近くあったと思います。
その後大型のドラッグストアーが急増するにつれ、流通の再編が行
われ、主な取引卸は4件にまで集約されました。今回、そのうちの2
件が合併し、一般薬では日本一の卸になったのです。
この新会社の会長になられた方は、私の卒業した薬大の3年先輩で、
初めて会ったのは30年以上も昔です。当時は、静岡にあった卸の社
長でしたが、次々に合併した結果、今回日本一の卸の会長になられ
ました。
先日同窓会があったので、そのことを話したら、美術部の先輩にその
名前の人がいたとのこと。これは、ネタとして使えると思ってましたが、
よく調べたら別人でした。言わなくてよかった。
当日の午前中は、来賓の挨拶やら新会社の説明会。そのとき、新し
いシステムの紹介がありました。アイパッドのようなハンディツールで、
動画でメーカー社員が商品説明をするのが見れるのです。
大手メーカー2社ほどの動画が紹介されたあと、当社のが出てびっく
り。周りにいた仲間からどよめきが出ました。なにしろ、居並ぶ大手
を差置いて、200社450名の前で映されたのですから。
201111151200000%20%20%E4%BC%9A%E5%A0%B4.jpg
あとで聞いた話ですが、選考した新社長が、当社の営業マンの説明
が完結でわかりやすく「絶対これだ」と言われたとか。それにしても、
嬉しい出来事でした。
午後からパーティーがあり、終わった後に群馬まで移動。翌日、キン
カンの工場見学があるので、今夜は家庭薬メンバーの懇親会です。
懇親会メンバーは、持ち回りで工場を見学していますが、今回は虫
刺されで有名なキンカンの工場です。この日の夕方から寒冷前線の
影響で寒くなり、群馬の夜は特に冷え込みました。
キンカンは、大正時代に軍の衛生兵だった先々代が、やけどの薬とし
て創られました。その後、第一次大戦で使われたびらん性ガスの治
療薬として軍に採用されたとか。先々代は、沸騰するお湯を腕にかけ、
キンカンを塗ってみせたそうです。1980年代にやけどの効能を取り、
虫さされや肩こりの薬となりました。
おみやげにいただいた、キンカン製品詰め合わせ
201111171938000%20%20%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%B3%E8%A9%B0%E3%82%81%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B.jpg
工場内は、衛生管理も万全で、ガラス瓶が次々と自動で送られてくる
のは見事。来年の夏に向け、続々と量産されてました。
この工場がふつうと違うのは、防爆対策がされていること。キンカンは、
大量のアンモニアとアルコールを使っており、スイッチやモーターの火
花が出ない対策が施されているのです。また消火設備も、強力な二
酸化炭素を使うとか。
201111181436000%20%E5%B7%A5%E5%A0%B4.jpg
すばらしい工場の見学を終え、お昼は地元で有名なおそば屋さんへ。
一見そば屋さんに見えないおしゃれな店で、シャレた器で創作そば定
食をいただきました。
201111161356000%20%E3%81%9D%E3%81%B0%E5%B1%8B.jpg
別注文の玉子焼きもフワフワ。
201111161307000%20%20%20%E5%8D%B5%E7%84%BC%E3%81%8D.jpg
昼食後東京へ。今晩は、家庭薬企画を実施してくれた地域量販の懇
親会があります。昼間結果説明会がありましたが、今回の工場見学
が先に決まっていたので、そちらは営業に任せ私は失礼しました。
家庭薬企画は2回目で、今回は15社の家庭薬メーカーが参加し、か
なりの成果がありました。
懇親会場は駅から近い居酒屋。会場に着くなり、幹事から締めの挨
拶を頼まれました。昨年も頼まれ、まさか今年も頼まれるとは。
一度は断ったものの、社長が出席しているのは数社で、その中でも
私は年長者。ここは気持ちよく引き受けました。
40名ほどのメンバーですが、みんな酔っ払ってご機嫌です。こんな雰
囲気の中、シラフで締めの挨拶なんて・・・
いよいよお開きの時間になり、出番が来ました。乾杯の挨拶の時は
おとなしかったのに、今度は私の名前が呼ばれただけで、歓声ととも
に異様な盛上り。なんでやねん!
実は、食事しながら挨拶をずっと考えていました。
今回2回目ということで、宴席にふさわしいユーモアも交え、笑いも取っ
て、考えた通りの挨拶ができました。ついでに当社の商品のアピール
もすると、他のメーカーが笑いながらのブーイング。でも役得です。
還暦には、なかなかキツイ二日間でした。