夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 救命丸珍問・奇問

ブログ

blog

救命丸珍問・奇問

今から30年も前の話ですが、私が入社したばかり
のころ、私が薬剤師ということで当社の消費者相談
係りをしていました。
そのころにあった、面白い質問を紹介します。


宇津救命丸の正式な効能は、「小児の疳、かんむし、
夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、
胃腸虚弱、乳はき」の9種類です。
以前、救命丸と救心を間違えている方のお話をしま
したがこれは論外として、当時はとんでもない勘違い
をしている方がいました。
Q.虫歯に詰めておけば、痛みは止まりますか?
  (正露丸に歯痛の効能があるので、この方は正露
   丸と間違ったようですね。)
Q.月に1度飲ませれば、かんむしは治ると聞きましたが?
  (昔の子供はお腹に回虫がいて、月に一度虫下し
   を飲ませていました。かんむしをお腹の回虫と勘
   違いされたのか、救命丸を虫下しと勘違いされた
   のか・・・)
Q.救命丸は薬ではないので、飲ませても安心ですよね?
  (イヤイヤ、飲ませても安心なのは間違いありま
   せんが、立派な薬です。仁丹と間違われたので
   しょうか?)
Q.ヘビに噛まれたのですが、救命丸を飲めば大丈夫ですか?
  (これにはビックリしました。何のヘビに噛まれた
   のか、それによっては早く手当てをしないと・・・
   でも葉書で電話番号も書いてなかったので、こちら
   も葉書で返事するしかありませんでした。その方が
   その後どうされたのか、しばらく気がかりでした。)
勘違いな質問はお年寄りが多かったように思います。
さすがに現在は、この様な珍問・奇問はありませんね。