夜泣き|かんむしに宇津救命丸400年以上の歴史を持つ医薬品メーカー

Home » ブログ » 還暦5人、大寒波の中で・・・ つづき

ブログ

blog

還暦5人、大寒波の中で・・・ つづき

翌日の朝、予想通り天気は雪。それもかなりの。


朝起きて、レストランで朝食。バイキングではない、ちゃんとしたアメリカン・
ブレックファーストです。でも、窓の外は大雪。テンションはイマイチです。
真ん中の容器は、割った半熟卵を入れるのか、殻を入れるのかで議論。
正解は「割った半熟卵を入れる」です
201201280826000%20%281%29%20%20%20%E6%9C%9D%E9%A3%9F.jpg
このホテルの利点の一つは、フロントで割引のリフト券が買えること。いつも
スキー靴を履いてリフト券を買いに行くのが大変でした。さらに、今回から全
員60歳以上になったので、シニア割引で安く買えました。子供とシニアは
3割引。「どうせそんなに滑れないだろ」ということでしょうが、そうはいかな
いぞ ! いまの60歳を舐めちゃいけません。
しかし、ゲレンデに出たらすごい雪。さむ~い。一気に戦意喪失です。
視界が悪い上に雪面の状態も悪く、更にコースをまったく知らないので、滑
るのに一苦労。水分を多く含んだ重い雪は1.5倍ぐらい体力を消耗します。
ヒートテックの下着に靴下、多量のホカロンと、防寒対策は万全でしたが、
顔を覆うネックウォーマーが濡れ、カチカチに凍ってしまいました。
この悪天候の中、リフトに乗るのはきびしい。
201201281131001%20%20%E3%82%B2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87.jpg
ここのスキー場は、赤倉観光のコースと赤倉温泉のコースに別れており、
リフト券は別々。なので、割高ですが共通リフト券を買いました。
しばらく近場で滑った後、せっかくなので隣のゲレンデに行こうということに。
でも、景色も看板も見えないので行き方がわかりません。まあ、こういう事
もあろうかと、ホテルからしっかりゲレンデの地図をもらってきました。ところ
が、全員老眼なので小さな文字が読めません。しかたなく、まだマシに見
える私がゴーグルとメガネを外して地図を見ました。
それが大きな間違い。行き方はわかったものの、ゴーグルを外したために、
レンズの内側とメガネに付いた雪が凍りつき、視界ゼロ。しかたなく、ゴーグ
ルなしで滑るも、刺すような雪の冷たさで、すぐにギブアップ。早々とお昼に
してもらいました。
しかし、どこにレストランがあるかもわかりません。地図を見ながら探してい
ると、ちょっとお洒落なヒュッテを発見。迷わず入って席を確保。でも、メニュー
を見ると、なんと豚丼、カツ丼、うどんとラーメンしかありません。これは予想
外。多分、世界一高い豚丼を食べ、とりあえず元気を取り戻しました。
実物の写真を撮るのを忘れるほどグロッキー。
201201281220000%20%20%20%E8%B1%9A%E4%B8%BC.jpg
午後も雪は振り止まず、滑っているだけでもウェアに雪が積もってきます。
このスキー場もスノーボーダーが多く、ご多分に漏れず、多くのボーダーが
ゲレンデの真ん中で横向きに座ってます。なかには、円陣を組んで座って
いるグループも。「君らは幌馬車か ! 」。コンディションが悪い上に、障害物
レースをやっているようで大変です。
そうこうしてる間に、新雪に突っ込み転んでしまいました。立ち上がろうと手
をつくと、雪が柔らかくてズボッと入ってしまいます。ならばとストックを立て
ると、コレもまったく手応えなし。なんせ積雪3メートルですから。そういえば、
むかしこのゲレンデで、どうしてもトイレに行きたくなり、スキーを外して林の
中に入ったら、胸まで埋まって遭難しそうになったことがあります。
友人に助けられ、やっと起き上がれましたが、体力を消耗し、もう休憩。
熱いココアとケーキで生き返りました。
201201281430000%20%20%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD.jpg
何だかんだで4時ごろまで滑り、くたくたになってホテルに戻りました。今晩
から参加の二人も到着し、取り敢えずみんなでお風呂へ。
スキーの後のお風呂は、冷えきった身体を温める至福のとき。特に温泉な
ら尚更です。
お風呂のそばのデッキラウンジ。昨年の夏と比べてみると・・・
201201281610000%20%20%E6%B1%A0.jpg
201109150710000%20%204.jpg
ついでにホテルの外観は・・・
201201281511001%20%20%20%20%20%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E5%85%A8%E6%99%AF.jpg
201109141638000%20%20%20%20%20%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.jpg
帰りにフロントで夕飯の確認をすると、レストランは8時までいっぱいとのこと。
朝予約しなかったのは失敗です。夕飯まであと3時間。当然酒盛りが始まり
ました。まあ、部屋でたらふく飲んでおけば、食事中のアルコール代も減る
ことでしょう。
いつも何かしでかすT君が、席を立ってなかなか帰ってきません。浴衣姿で
どこに行ったのだろうと思っていたら、20分ほどして青い顔で帰ってきまし
た。どうしたのかと聞くと、タバコを吸いに行って死ぬところだったと。
全館禁煙なので、非常口から外に出てタバコを吸い、中に戻ろうとしたら
ドアが開かない(当たり前)。必死でドアを叩くと、しばらくして近くの部屋の
人が開けてくれたそうです。外はマイナス7度。下手をしたら「老人、ホテル
で凍死」と新聞に出るとこだったと、みんなで腹を抱えて大笑い。
食事前に、ワイン3本とビール6本を開け、いよいよ食事となりました。それ
でもまだビールと日本酒を飲む、この人達には呆れます。
料理はフルコース。スキーシーズン中は決して安くありませんが、この料理
なら納得です。
本格的なフランス料理
201201282041000%20%20%20%20%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81.jpg
食事後、部屋に帰りテレビを見ると、新潟地方や妙高の大雪のニュースを
やってました。疲れと酔いでさすがにみんなダウン。早めに就寝しました。
天気予報は、今夜も妙高地方に大雪注意報。ハ~ッ。ため息が出ます。
翌日も、またうんざりする雪。でも、きのうよりはマシのようです。
きょうは帰る日ですが、佐久平4時半発の新幹線なので、わりとゆっくり。
それでも昨年の悪夢があるので(2011/02/01 還暦スキー PAT2参照)
1時には出ることに。12時チェックアウトですが、面倒なので1時間延長し
てもらいました。(1部屋2千円なので)。
部屋の窓の外を、除雪車が忙しく働いてました。きのうよりまじめに。
201201290716000%20%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%80%80%E3%82%B2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87.jpg
今日は赤倉観光ゲレンデだけで滑ることに。きのうよりは天候も回復し、滑
りやすくやりました。リフト券は単独だと格段に安く、志賀高原の半額ぐら
い。でも、みんなの口からは、「やっぱり志賀高原がいいねえ」。ここの利点
はいろいろありますが、雪質とゲレンデがイマイチだったのが誤算でした。
天気がよければ、また印象も違ったのでしょうが・・・
来年はまた奥志賀かな。
ホテルに帰りチェックアウト。みんな同じ考えか、フロントは混んでます。
車を取ってきてもらうのに、車種とナンバーを聞かれました。すると例のT君
が、娘の車を借りてきたので車種もナンバーもわからないと言い出しました。
ナンバーはともかく、車種ぐらいわかるだろうと言うと、確かHのマークが付
いていたと。「じゃあ、ヒュンダイだ」などと冗談を言ってる間に、部屋番号で
鍵がわかり取ってきてくれました。
凍りづけになったような友人の車 T君の「ヒュンダイ」ではありません。
201201291328000%20%20%E8%BB%8A.jpg
帰り道、あらためて見る雪の壁はすごい。まるで、テレビで見た4月開通の
アルペンルートのようです。
201201291338000%20%E5%A3%81.jpg
屋根には2メートル近い雪が積り、雪下ろしをしている人がいましたが、命
綱もなく、まさに命がけです。
我々が帰ったあとも新潟地方に大雪が続き、屋根から落ちて亡くなったり、
落雪で圧死したりと不幸なニュースを見ましたが、この凄い雪を見るとわか
ります。遊びに行く人はいいけれど、住んでいる人はほんとに大変だなと
感じました。
帰りの新幹線から浅間山が見えました。数時間前の大雪がウソのようです。
NEC_0859%20%20%20%E6%B5%85%E9%96%93%E5%B1%B1.jpg